デジタル蒔絵

デジタル蒔絵とは?


UVプライマーインクを塗布した部分に金粉や銀粉で加飾することにより、従来であれば職人がで作業で行っていた"蒔絵"調の表現ができる加工方法。また、銀粉の上からUVプリンタでカラープリントすることにより、フルカラー蒔絵も可能。
最後にクリアインクプリントやドーミング加工を行うことでエンボス感が増し、また表面の保護を行うことができる。


加飾方法による仕上がり比較



対応製品

アイテム

Return to Content

ページの先頭へ戻る