スクリーン印刷のデジタル化(UVプリント)

近年、オリジナルグッズ製作などの加飾ビジネス現場では、UVインクジェットプリンターを使用した少量多品種オンデマンドプリントの需要が増加しています。UVインクジェットプリンターを使用したデジタルプリントは、スクリーン印刷のように印刷版を必要とせず、版を作成する為の時間とコストを削減できます。また、必要なときに必要なだ分だけをプリントすることができるため、最終製品を在庫しておく必要もありません。少量多品種への加飾ビジネスに対して、スクリーン印刷に代わる最適なソリューションとしてUVプリントが注目を集めています。

スクリーン印刷とは

スクリーン印刷は、網目状の版(スクリーン)を使用した印刷方式です。
印刷したい部分のみインクが通るように網目を加工した版の上にインクをのせて、「スキージ」と呼ばれるヘラでインクを押し出して印刷します。厚さがあるもの、ガラス、金属、布など、様々な形状や材質の素材に印刷することができますが、グラデーションなどの微妙な色表現にはあまり向いていません。
印刷したい色毎の版を作成する必要があるため、近年の少量多品種化と短納期のニーズへの対応は難しくなってきています。

スクリーン印刷の分野とUVプリントによるデジタル化適正範囲

UVプリントによるデジタル化には、印刷精度は中~高精度、ロット数は中~小ロットの範囲が適しています。


スクリーン印刷の分野とUVプリントによるデジタル化適正範囲

UVプリントの主な活用事例


工業製品


スマートフォンケース


パッケージ


文具・玩具


UVプリントとスクリーン印刷のワークフロー比較


UVインクジェットプリンターを使用することで、従来の印刷方式では数日かかっていた仕事を数時間で完成させることができます。

  • デザインの段階から実際に販売する製品(量産品)と同じ品質のサンプルを1個から作成することができます。
  • デジタルデータだからサンプル作成時に簡単に色合わせが可能です。
  • デザイン決定後、そのサンプルデータを元にすぐに生産を開始できます。
  • 従来のアナログ印刷では、生産前に色合わせが使用インク数分必要ですが、デジタル印刷では不要です。



※画像をクリックすると拡大表示します。


UVプリントとは


  • プリントしながらUV光(紫外線)を照射し瞬時にインクを硬化させる印刷方式で、乾燥時間が不要です。

UV硬化インクの定着方式

  • 家庭用のプリンタと同じ感覚でデジタルデータを出力するので、印刷版がいらず、小ロット多品種生産に有効です。

バリエーション豊富なミマキのUVインク

ギフト&ノベルティや、銘板に適したタイプ、タッチパネルのインサートフィルムやスイッチへの印字などに適したタイプ、車両ラッピングや各種パッケージなど曲面加工や伸縮を前提としたメディアに適したタイプ等、幅広い用途やシーンに対応するインクバリエーションをご用意しています。

代表的なインクをご紹介!

耐擦過性に優れ、グッズ製作に適した硬質UVインク「LH-100」

耐擦過性、耐薬品性が高く、発色、色再現性に優れた硬質UVインクです。スマートフォンケースやキーホルダーといった樹脂やプラスチックなどへのアプリケーション製作に最適です。

柔軟素材へのプリントを可能にするUV硬化インク「LUS-120」

UV硬化後に約170%伸長可能な柔軟インクです。柔らかいメディアに対し、美しさと耐久性に優れたプリントを可能にします。皮革・ポリウレタンといった柔軟素材へのプリントなど、アプリケーション製作の幅が広がります。

アクリル素材へのプリントに役立つUV硬化インク「LUS-150」

発色に優れ、UV硬化後に約150%伸長可能な柔軟インクです。柔らかいメディアにとどまらず、アクリル素材やガラスとの相性も良く、室内看板やトロフィー作製など、幅広い用途でご好評をいただいています。

車両ラッピングなどに最適なUV硬化インク「LUS-200」

耐候性に優れ、UV硬化後に約200%伸張可能な柔軟インクです。伸ばしたり、曲げたりの施工が必要な場合でも、インク皮膜が割れることなく美しく仕上がります。

真空成型品も美しくプリント可能なUV硬化インク「LUS-350」

UV硬化後に約120~200℃で加熱すると最大350%伸張可能な柔軟インクです。平面でプリント後に成形してもインクが割れないため、自動車パーツや成形看板、モックアップなどの作成に最適です。

密着性を向上させるインクジェットプライマー「PR-200」

カラーインクだけでは素材との密着が優れない場合、インクジェットプライマーを使用することで密着性を向上させることができます。インクジェットプリンタによって必要な部分にのみ塗布することで、手作業によるプライマー塗布で失われていた素材の質感を活かしつつプリントすることが可能です。

特許番号 / 日本:第5817059号 米国:US9,132,685 B2


IJプライマーによる自動塗布


デスクトップ型UV-LED硬化インクジェットプリンターのご提案


デスクトップ型UV-LED硬化インクジェットプリンターのご提案

  • コンパクトサイズで、オフィスなどのスペースが限られる場所でも導入できます。
  • A2サイズ、厚さ153mmまでの素材に印刷することができます。
  • 色数に制限が無く、フルカラー印刷やグラデーション等、多彩な表現が可能です。
  • 版の製作が不要で、さらにUV硬化で乾燥時間も不要なため、短納期・小ロット生産に最適です。
  • 透明または有色素材にフルカラープリントする場合、同時に白引き印刷を行い鮮やかな発色とスピードを両立します。
  • 発熱しないLEDランプで素材へのダメージがありません。
  • VOCがほとんど発生しないUV硬化プリントと、省電力で長寿命のLEDでエコロジーな生産を実現します。


ミマキUV-LED硬化フラットベッドインクジェットプリンターラインナップ


ミマキUV-LED硬化フラットベッドインクジェットプリンターラインナップ

対応製品

アイテム

Return to Content

ページの先頭へ戻る