ノート&デジタルUV転写

【完成画像】ノートにデジタルUV転写

RIP処理


ミマキのRIPソフト「RasterLink」を使って箔の裏面にプリントする。

RIP とは、Raster Image Processorの略で、簡単に言うと作ったデータをキレイ&正確にプリンターに送るためにデータを変換する技術のこと。
Raster Linkはそれをソフト上で行うことができるので「ソフトウェアRIP」と呼ばれています。
さらに、ミマキのプリンタを最大限活用するために様々な設定をこのソフト上で行うことができるのです。
RasterLinkの詳しい解説はこちらのページをご覧ください

まずは箔の準備から

箔を(今回のサンプルは金箔)プリントデータより大き目にカットし、裏側をプリント面にしてUVプリンタにセットします。




厚盛クリア、プライマーをプリント


まずは転写したい部分を黒にしたモノクロ2階調データを準備し、クリアをプリント。
RasterLink設定
720×1200dpi 16pass
単色置換 ブラック→クリア100%
UVモード 厚盛印刷・照度100%・印刷2回・追加照射1回
※クリアの印刷回数を増やすと、インク層が厚くなり立体感が増します。

クリアの後にプライマーをプリントします。
RasterLink設定
720×1200dpi  8pass
単色置換 ブラック→プライマー
UVモード 照度23%・印刷1回
このように照度を調整することによりプライマーに粘着性が出て「のり」代わりになるため箔が貼れるようになります。
※ 転写しますので、プリントする際は左右反転を忘れずにしましょう。


いよいよ箔を転写


転写する素材の表面をホコリ等が無いように綺麗にしたら、箔部分を上にして転写したい箇所にセット。ローラー等を使い転写していきます。
プリントしたデザインが浮き出る位しっかりとローラーで圧着したら、ゆっくりと丁寧に剥がしていきます。 しっかりと転写出来ていることを確認したら、更にプリント面を圧着します。
※プリンタから箔を取り外す際は、箔が破れたり、シワになったりしやすいので慎重に!  





最後の仕上げにUV照射


クリアインク照射モードで、「照射のみ」を選択し(照度:100%〜120%)、半硬化状態であるプライマーを硬化させ、箔を定着させましたら完成です!
※UV照射は、プリンタの印刷可能な範囲内であれば同時に幾つもの素材に照射出来ますので、製作数が多い時は後でまとめて照射すると良いかもしれないですね。



完成!


デジタル転写技術によりこんなにも簡単に箔をのせることが出来ました。

今回は金箔でサンプルを作成いたしましたが、他にも銀、ホログラムの箔を取り揃えております。(詳しくはこちらのページをご覧ください。)
製作の幅が広がりますね。



応用編 デジタルカラーUV転写


応用編って?

箔転写の加工技術を応用してシリコンを使用したカラー転写技術をご紹介します。
箔の代わりに、シリコンマットに印刷をすることで、カラーの転写も可能になります!
転写の特徴として、従来では印刷が出来なかった箇所へのプリントが可能になり、UVプリンタの可能性を更に広げることが出来ました。




使用する道具


応用編では箔の代わりにシリコンマットに印刷します。シリコンマット以外にも携帯ケース等に貼られているフィルムなども転写に使用できます。
※今回使用したシリコンマットに関しては、JPデモセンター(03-6371-2822)にお問い合わせください。




シリコンマットにカラー、プライマーを印刷する


カラーをプリント後、箔転写と同じようにUV照射23%でプライマーをプリントします。転写なので左右反転をお忘れなく。
データはカラー、モノクロ2階調データを用意します。
サンプルはカラーを720×1200dpi 16pass
プライマーを720×1200dpi 8passでプリントしました。
RasterLink設定(プライマー)
単色置換 ブラック→プライマー
UVモード 照度23%・印刷1回



シリコンマットを貼り付ける


慎重に転写したい位置を合わせたら、ローラーでしっかりと圧着してください。
しっかりと転写されているか確認しながらゆっくりとマットを剥がしたら、再度プリント面の上から圧着します。





UV照射をして完成


仕上げにUV照射し、 接着面を硬化させ、完成です!

最後にUVモード→【照射のみ】に設定してUV照射、未硬化だったプライマーを硬化させていよいよ完成となります。




最後に


いかがでしたか?デジタル転写技術により今まで不可能だと思われていた箇所にも綺麗にプリントが可能になりました。
箔などとの組み合わせ次第により、更にオリジナリティーあふれる作品が作れます。
是非いろいろ試してみてください。




掲載されている内容について


  • 仕上がりは環境により異なります。事前に必ずテストを行ってください。
  • 掲載されている内容は予告なく変更となる場合があります。

使用した製品

Return to Content

ページの先頭へ戻る