Loading...

想像から創造へ

プリント&カット対応インクジェットプリンタ

CJV300

Print&Cut

  • C
  • M
  • Y
  • K
  • Lc
  • Lm
  • Lk
  • Or
  • W
  • Si

製品ページを見る

Imagination創造的な表現力

創造的な表現力

高輝度シルバーインク(SS21)

  • ES3のシルバーインクよりも67%高い輝度
  • 3年相当の耐候促進試験後でも、ES3の初期値よりも5%高い輝度
  • ラミネート加工を施しても高い輝度を保持

ラミネートの有無による輝度比較

①ES3のシルバーにラミネートを使用した場合、メタリック感がなくなる
②SS21のシルバーはラミネートを使用しても、輝度は失われない

SS21は3年相当の耐候促進試験後でも初期のES3光沢度よりも5%倍高い

創造的な表現力

メタリックカラーコレクション

  • シルバーの上にカラーを重ねてプリントすることでメタリックカラーを表現
  • 648色のメタリックカラーコレクション(3種)で効率的に色合わせ
  • スウォッチによる色指定で簡単にメタリック色をプリント可能

3タイプのメタリックカラーコレクションは、同じ色の構成です RL6の専用画面で出力することができます。

Type A:チャート

Type B:ブックレット

Type C:パッチ

創造的な表現力

色領域を広げ鮮やかさをプラスする
オレンジインク

Mimakiが新開発したオレンジインクをプロセスカラーとして搭載可能。色再現領域(ガマット)が広く、4 色インクジェットプリンタでは再現が困難とされてきたオレンジ色の表現性を大幅にアップさせることに成功しました。食品、コーポレートカラーなど、こまやかな色再現を求められるデータのプリントに自信を持てます。

CMYKLcLm

オレンジインクを使用時に比べ、鮮やかさが少ない

CMYKLcLmLkOr

明るく、鮮やかなオレンジを表現

創造的な表現力

モノクロ画像を忠実に再現する
ライトブラックインク

Mimaki新開発のライトブラックインクの搭載により、グレースケール出力時に最適のグレーバランスを実現。
色転びがない、モノクロデータを美しくプリントできます。

CMYKLcLm

赤みを帯びたグレー 粒状感のある人肌

CMYKLcLmLkOr

赤みのないグレー 粒状感のない人肌

創造的な表現力

透明・有色メディアにも
高発色プリント
高濃度ホワイトインク

カラーの下にホワイトインクをプリントすることで、透明メディアや下地の色映りを避けたい有色メディアにも高発色でプリントすることが可能に。Mimaki独自のインクテクノロジーに加え最大35plの大滴吐出により、従来を上回るホワイト濃度を実現しました。

Creation圧倒的な生産性

圧倒的な生産性

プリントヘッド2基をスタガ配列

プリントヘッドを2列にスタガ配列させた新機構で、従来機では別工程で行われていた白×フルカラープリントを同時に行います。これにより、プリント効率が2倍に向上しました。白×フルカラープリントにより、透明素材や有色素材など、地色の影響を受けやすい素材でも色鮮やかで鮮明な仕上がりを可能にします。※SPには白インクまたはクリアコートをセット可能

圧倒的な生産性

大滴吐出で高速プリント

1 時間に105.9㎡の高速プリント

※CMYK4色 360x360dpi,Bi バナープリントの場合 最大35plのドロップサイズが高速モード(低解像度)での作業を可能に!

JV300-130/160は、4pl/7pl/8pl/14pl/16pl/23pl/35plの最大7種類のドロップサイズから、インクの種類やプリントモードごとにLarge/Middle/Smallの3段階で自動選択し、常に最適化されたドロップサイズでプリントをするため、高速モードでも高濃度プリントが可能。

最大ドロップサイズが21plの場合

低解像度ではドット間の隙間が大きい

高速(低解像度)モードでは濃度が薄い

最大ドロップサイズが35plの場合

低解像度でもドット間の隙間が狭まる

高速(=低解像度)モードでも高濃度

圧倒的な生産性

プリント速度

4色(CMYK)

8色(CMYKLcLmLkOr) / 6色(CMYKLcLm+WW/WSi)

シルバー使用時 6色(CMYKLcLm+WSi)

ホワイト使用時 CMYKLcLm+WW/WSi

高乾燥性のSS21のホワイトは、エコソルベントインクでありながら、3層プリントが可能です。1層プリントの場合、最速で10.5㎡/hの生産性を発揮します。

ホワイト使用時 CMYKLcLm+WW/WSi

高乾燥性のSS21のホワイトは、エコソルベントインクでありながら、3層プリントが可能です。1層プリントの場合、最速で10.5㎡/hの生産性を発揮します。

Mimaki Technologyミマキテクノロジー

パスをグラデーション調にプリント

ミマキテクノロジー

新開発の吐出パターン MAPS3

パスの境界付近をグラデーション調にプリントして重ねることにより、バンディング(パスとパスの間に発生する横縞)の発生を回避することに成功しました。パスの境界付近はインク滴を間引いて吐出されるため、乾燥ムラの発生も起きにくく、双方向縞も回避されます。

ミマキテクノロジー

インク着弾精度、滑らかさが飛躍的に向上
波形コントロール技術

インク滴の波形をコントロールすることにより、吐出角度、形状、着弾位置を常に最適な状態でプリントします。インク着弾位置精度の向上により、にじみ、ムラ、抜けが限りなく発生しにくく、デザインイメージに忠実な高画質プリントを実現します。グラデーションの滑らかさ、粒状感を感じさせない平面表現に自信を持てます。さらに、文字、線、エッジ部のシャープさにも目を見張ることでしょう。

異なるドットサイズであっても、真円に近い形状で、まっすぐに吐出

高い着弾位置精度で高画質プリント

インクを真円ではなく歪んだ形状で、
かつ、曲がって吐出した状態

ドット間に隙間ができたり、ドットが重なって しまうため、画質が粗くなったり色ムラが 発生したりします。

インクを真円に近い形状で、
まっすぐに吐出した場合

ドットが重なり合うことが無いため、 ザラツキ(粒状感)のない仕上りになります。

ミマキテクノロジー

インク滴を最適なサイズで乾燥!
3Wayインテリジェントヒーター&トップブロワー

プリヒーター
プリント前にメディアを加熱し、プリント条件を均一化
プリントヒーター
メディアに着弾するインク滴の着弾精度安定化と、着弾後のにじみ防止
ポストヒーター
インクの乾燥を促進
トップブロワー
インク表面からの乾燥を促すことで、高速・高濃度プリントに対応

3wayインテリジェントヒーター
特許番号登録

日本 4889059
米国 8.444.262
中国 ZL 200910222559.8

ミマキテクノロジー

バリアブルドット

インクをLarge/Middle/Smallの3段階でドロップサイズを打ち分けることにより、
4色プリントでもスムーズなグラデーションや、粒状感のない滑らかな人肌を表現します。

固定ドット

バリアブルドット

Print & Cutプリント&カット

連続トンボ読取機能でロール1本を巻取りながら無人で連続P&C

コピーして複数プリントされた印刷物のトンボをそれぞれ自動で連続的に読み取り、個々に自動補正しながら正確に輪郭カットします。
ロールメディア1本を巻取りながらカットできるため無人運転での大量出力が可能です。

オーバーカット機能で厚いメディアや
粘り気のあるメディアで切り残しを防止

オーバーカット

カットの開始点と終了点をオーバーラップ させることにより、厚いメディアや粘り気が あるメディアでも切り残しなくカット

オーバーカット長を指定するとカット開始時に指定長分だけ手前からカットし、終了時には行き過ぎてからツールをアップします。 (設定値OFF,0.1~1.0mm)

コーナーカット機能で鋭角個所などの
エッジ部分をシャープにカット

コーナーカット

鋭角を含むデータをカットする際に、エッジ部をシャープにカット

オーバーカットのように、終始点のみをオーバーラップさせるのではなく、全ての角でオーバーラップしてカットします。 鋭角を含むデータをカットする際に、エッジ部をシャープにカットできます。

クランプ圧自動切替機能

  • ①プリント時とカット時のクランプ圧を強/中/弱/OFFの4段階で自動で切替*
  • ②常に最適な状態でメディアを搬送するためプリントもカットも高品質
  • ③クランプを手で外すことなく自動でP&Cできるため連続運転が可能
  • *手動での切り替えも可能です

自動クランプ圧切替機能があるP&C機

P&Cの連続運転ができる
  • プリント
  • クランプ圧
    「自動」でOFF
  • カット
  • クランプ圧
    「自動」でON
  • プリント

自動クランプ圧切替機能がないP&C機

P&Cの連続運転ができない

ピンチローラーを手動ではずす or ピンチローラーを外さない or メディアの両端のみでピンチローラーを使用

  • プリント
  • 手動でピンチローラーをはずす
  • カット
  • 手動でピンチローラーをつける
  • プリント

カット&プリント機能で広がる用途

プリント&カットの場合

インクが十分に乾燥していない場合・・・

  • 1.鋭角部が浮いてしまい剥がれやすくなる
  • 2.カットした部分が再度くっついてしまう
乾燥時間が必要であるため作業効率が低い

カット&プリントの場合

カットしてからプリントするため・・・

  • 1.鋭角部が浮くことがない
  • 2.確実にカットできるためカットした部分が再度くっついてしまうことがない
乾燥時間が必要ないため作業効率がアップ
Previous Next
  • ゼロマージントンボによりメディアの無駄を削減して連続P&C

    トンボを付けてデータをコピーした際に、トンボ間の余白をゼロにすることができます。 従来ではトンボ間に4mm~10mmの余白を必要としましたが、ゼロマージントンボを使用することでトンボ間の余白が0mmになるためメディア無駄を削減できます。

    通常の内向きトンボ

    ゼロマージントンボ

  • トンボ無しP&C/C&Pでメディアの無駄を最小限化

    ○mまでの出力をする際にはトンボを使用せず、デッドスペースを最小限にすることが できます。メディアの無駄を最小限に抑えることができます。

    ゼロマージントンボの場合

    トンボ無しの場合

  • ハーフカット

    台紙を残してカットします。

    ダイカット

    台紙を残してカットします。

    点線カット

    わずかにつなぎ目を残しながら 台紙までカットします。ステッカーの姿切りや、POPの折り目をつけることができます。

  • セグメント補正機能で長尺データでも正確にカット

    送り方向の中間トンボを読み取り、セグメントごとに補正してカットすることにより、長尺の画像でも正確に輪郭をカットできます。

Support安全運転サポートパック

確実な生産性アップにつなげる機能

安定した高品質な連続運転を可能にする
チェック&自動クリーニングシステムを搭載

安定した連続運転によって高品質なプリントを行っていただけるよう、ノズル状態を常にチェックし、問題が起きた場合に自動クリーニングする機能を搭載しました。プリント中のエラー、プリント終了などをアラームメールでリアルタイムに報告する機能もプラス。

安全運転サポートパック

NCU ノズルチェックユニット

光軸センサーにより、ノズルの状態を出力データ間で自動でチェックします。 ノズル抜けを検知した場合、自動でクリーニングを行いプリントを開始するため、ノズルが抜けたままプリントを継続してしまうことがありません。

安全運転サポートパック

NRS ノズルリカバリーシステム

メンテナンスを行ってもノズル抜けが改善されない場合には、別のノズルを使用することで正常にプリントできます。

ノズルが抜けている番号をマシンに登録
(1ノズル列あたり最大10ノズルまで登録可能)

登録した番号のノズルは使用せず、 別のノズルを使用しプリント

  • *1ノズル列あたり10個までノズルを登録できます。
  • * 本機能を使用しても、プリント時間は変わりません。

ノズルの状態により、ノズルリカバリーを活用しても復旧できない場合があります。
・最低パスを使用する場合、ノズルリカバリーは機能しません。