【おでかけMAL】ALICORN(アリコーン)さん合同展示会「BONDLESS ∞」レポート!!


■□おでかけレポート□■


ALICORN/ARIYANAGI(アリコーン/アリヤナギ)(以下ALIさん)、BIRDMANさん、渋川舞子さん、yurinalilyさんの女性4人の合同展示会『BONDLESS ∞』へ行ってきました!以前このホームページでandMade.kitasandoで昇華転写プリントシステムをご活用いただいているALIさんのレポートを紹介いたしましたが、今回もまた昇華転写プリントで製作された作品を展示していただきました。
前回のレポート記事はこちら>【おでかけMAL】andMade.kitasandoにてALICORN/ALI YANAGI(アリコーン/アリヤナギ)さんにインタビュー!!


・・・・展示会詳細・・・・
タイトル:BONDLESS ∞
(公式ホームページはこちら>BLOCK HOUSE
日時:2018/01/17〜01/28 13:00〜20:00(月休み)
出展作家:ALICORN / ALI YANAGI、BIRDMAN、渋川舞子、yurinalily
Guest designer: Yoshikazu Yamagata

『アートの幅もファッションの幅も広がっている今、それぞれはそれぞれの面を共に持っているように感じます。アートとファッションの融合というテーマ、私たちにとってそれほど難しいテーマなのでしょうか。根っからのアーティストや芸術家、根っからのデザイナーやファッショニスタ、別々に考えることもできるけれど、皆アートやファッションを自分の生き方の中に持って居るのは同じだと思います。どちらかに一方ではなく、アート性とファッション性を共に自分の中に共存させて生き、どちらかに決めないといけない事はなく、私たちの中でそれはある意味境界線が無いという生き方はとても身近ですぐそこに、日常の中にあると思います。分ける事も出来るけれどアートとファッションの情熱や激情は自分の生き方に対する同じ原点から来るものだと私はおもいます。限りなく境界線が無いところで生きる私たち。その生き様。』

では早速展示会の様子を写真とともにレポートしていきます!


 


 

ALIさんの今回の作品はタペストリー


実はかなり大きい出力サイズです。

ALIさんお気に入りのバルーンの光沢感


「鮮やかな色が再現できていて仕上がりに満足しています!3枚目の写真のバルーンの光沢感がすごく出ていて驚きました!」と今回もALIさんから良いご意見をいただきました。ALIさんの満足のいく作品に仕上がって良かったです。



他にも写真や絵画が展示されていました。大きな絵を描くには時間がかかりますが、思いついたら割とスムーズに描けますよ、とALIさん。
また、展示会によって様々なテイストの絵を描かれるそうです。
今回もたくさんの絵画を展示されていましたが、全て違う人が描いているのかと思ったほどです。


さてさて、ALIさんの作品は地下1階のギャラリーで展示されていましたが、4階に展示されていたBIRDMANさんの作品もミマキのプリンタを使用して制作いただいたということで、ALIさんに案内していただきました。4階のギャラリーはとてもカラフルで明るい空間でした!


ミマキプリンタで製作されたスカーフを綺麗に撮れるようにと、ALIさんがお手伝いしてくれました。優しくて才能もあるALIさんに感謝です。


どの作品もとても綺麗で、可愛らしい作品でした。ちなみに右の写真に映っている作品は、この展示会のゲストデザイナーであるYoshikazu Yamagataさんが立ち上げたレーベル「Writtenafterwards」のイベントで実際にモデルさん(人間)が着ていた衣装だそうです。着用方法が想像できませんが、かなりアート性を感じます。


今回の展示会では日頃触れるデザインとは違った、新しいデザインの世界を観ることができ刺激を受けました。
今後もたくさんのアーティストさんやデザイナーさんにもっともっとミマキのプリントシステムを活用して新しいアイデアを表現していただき、
素晴らしい作品づくりのお手伝いができればいいなと思います。
次回の展示会は何をやろうかな~と構想中のALIさんの次回作を楽しみにしております!




使用機種はこちら!


CJV150-107

1台でプリント&カットの2役をこなすインクジェットプリンタ。エントリーモデルでありながら、当社の技術を詰め込み、高い性能を備えた高機能モデル。

CJV150 Series|製品ページ

●搭載インク 水性昇華インク(昇華転写プリント向け) ※昇華転写プリントとは、昇華染料インクでプリントした転写紙を、メディア(ポリステル生地)と密着させて熱をかけることで、インクを昇華させて染色するプリント方式です。





Mod.120-T(転写機)

テーブルがあることで、ロール、端材どちらにも転写可能なハイブリッドモデル。転写紙、ベース紙のテンションを一定に保ち、安定しムラの少ない転写が可能です。

Mod.120-T|製品ページ




お問い合わせ先
株式会社ミマキエンジニアリング
JPマーケティング部 MALグループ
〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル6階15号
TEL:03-6371-2822(代) FAX:03-6371-2823(代)

ページの先頭へ戻る