【活用レポート~vol.16~】写真展 "Mirage -あってないようなもの- " by Sho Makishima

Mimaki Creative Lab. UVプリンタ「JFX500-2131」活用レポート
写真家 巻嶋翔さん写真展 "Mirage -あってないようなもの- " をご紹介いたします。


今回の写真展では、写真家Sho MakishimaさんがUVプリンタ「JFX500-2131」でプリントした和紙が和ろうそく職人Keisuke Hazeさんの蝋引きを経て素敵なインテリア「蝋引き掛け軸(ワックスペーパー)」として全9作品が展示されています。
今回、2メートル級の大判サイズの和紙にプリントということで、当社UVプリンタラインアップの中で最大の「JFX500-2131」を使用。手すきの和紙などさまざまな種類の和紙はそれぞれコシや平滑度が異なることから大判フラットベッドUVプリンタのメリットが活かされました。
巻嶋さんは色々な素材にプリントし作品に活用いただいています。UVで木材にプリントした作品を通して櫨さんと出会い、今回のコラボレーションに至ったそうです。


Mirage -あってないようなもの- vol.1

今回は和蝋燭職人であるKeisuke Haze氏とのコラボレーションとなっており共同で制作した”蝋引き掛け軸”を中心に展示をいたします。
従来とはまた違った形での表現になっており、写真と和蝋燭それぞれの新しい価値の発見、想像になれば幸いです。

会期:2018年4月25日(水) ~ 5月5日(土) 一般公開
場所:和蝋燭HAZE
住所:〒350-0062 埼玉県川越市元町1丁目12-6
開廊時間:11:00~18:00 ※会期中無休
料金:入場無料


写真家 Sho Makishima(ショウ マキシマ)氏 ※中央
今回の展示にあたり、それぞれの慣習やセオリーの領域を横断するような表現方法に挑戦しました。和ろうそくと写真というものへ、新しいあり方を感じたり興味を持ってもらえればと思います。
Web:http://sh26maki.wixsite.com/sho-photography


和ろうそく職人 Keisuke Haze(ケイスケ ハゼ)氏 ※左
昔からある古き良きものに、ほんの少し変化を加え、今までになかった新たな物を生み出す。それに よって新たな価値や豊かさを創造する。そのような在り方で、日々和ろうそくを研究しています。この度の展示をきっかけに櫨ロウが注目され、新たな価値の創造につながれば幸いです。
Web:http://haze.jp


使用機種はこちら>JFX500-2131



お問い合わせ先

株式会社ミマキエンジニアリング

Mimaki Application Lab. 担当:MALグループ

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル6階15号

TEL:03-6371-2822(代) FAX:03-6371-2823(代)

ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報