RIP&印刷とRIP後印刷の違いについて、どちらが推奨ですか?

  • 『RIP&印刷』は、RIP処理(データの解析処理)と印刷処理を同時に行います。
    比較的負荷の小さいデータでは、RIP&印刷をお薦めします。

次の条件のジョブは、RIP&印刷を実行しても自動的に『RIP後印刷』のモードで実行されます。

・面付けを適用したジョブ
・合成を適用したジョブ
・版作成したジョブ
・コピー間隔が一定でないジョブ
・最適化配置を適用したコピージョブ
・タイリングで[任意の位置に配置]を指定したジョブ

『RIP後印刷』は、RIP処理と印刷処理を別のタスクで行う為、RIP処理が終わってから印刷処理を開始します。
高解像度の写真を含むデータ、または複雑なパスを含むデータではRIP処理に負荷がかかる為、
RIP後印刷をお薦めします。
また、回転処理、倍率指定、コピー等も同様にRIP後印刷をお薦めします。


Return to Content

ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報