カット開始位置とカット終了位置が合わない。

  • 下記をご参照ください。
【事前にご確認ください】
液晶が英語表示になっている場合は日本語に変更してください。手順はこちら


現象の状態



カット結果が適切でない場合は以下の対処方法をご確認ください。
症状原因確認事項
カット終わりの位置がカット始めの位置から離れている 刃出量が不適切 対処方法1」をご確認ください
カット条件が不適切 対処方法2」をご確認ください
クランプ圧力が不適切 対処方法3」をご確認ください
ペンラインゴムの影響 対処方法4」をご確認ください
グリッドローラーの詰まり 対処方法5」をご確認ください
切り残しがある 対処方法6」をご確認ください
対処方法7」をご確認ください
カット始めの位置が正しくない 対処方法8」をご確認ください
カッター刃、ピンチローラー、ペンラインゴムの摩耗 対処方法9」をご確認ください




対処方法1






対処方法2

カット条件を確認してください
●カット圧力を確認してください
刃やシートによって条件が変化します。圧力が高ければ良く切れるという訳ではありません。
圧力を50g位から(フィルム系なら30gから)「セイホウケイ」カットを試していただき、切れなければさらに5gずつ
 大きくしてください。
●カット速度を確認してください
現在、設定されているカット速度よりも遅い設定(20cm/s以下)にして「セイホウケイ」カットを試して確認してください。
移動速度が速い場合は、こちらの手順を試してください。
●オフセット値を確認してください
オフセット値(刃の種類によって決まった値になっていて、刃のケースに値が記載されています)が正しくないと、角が
 正しくカットされません。設定されているオフセット値が正しいか確認してください。
 適正なオフセット値はこちらを参照してください。
●シート設定を「オモイ」にしてください。
 「セッテイ」->「シートセッテイ」で「オモイ」にします。
●カットモードを「コウヒンイ」にしてください。
 セッテイ」->「カットモード」で「コウヒンイ」にします。





対処方法3

クランプ(ピンチローラーでシートを押さえる機構)の強/弱を、左右対称になるよう設定してください。
例えば3点押さえの場合、クランプを「強 弱 弱」のように左右非対称にすると、シートを押さえる圧力が不均一になるためシートズレの原因になります。 
本体背面にあるツマミを上げ下げして設定します。



両端にあるレバーのクランプ力は、必ず「強」モードでご使用下さい。「弱」モードで使用すると、シートズレ(カット歪み)の原因になります。
中間のクランプも「強」モードにし、シートにグリットローラーの跡がつく場合は「弱」モードをお選びください。





対処方法4

ペンラインゴム上のゴミなどによるシートのすべりや暴れ等は起きていませんか?
ペンラインゴムを清掃してください。凹みがあったり切れているようでしたら、交換してください。 






対処方法5

グリットローラーにカットしたカス等が詰まると蛇行する可能性があります。
プロッタ本体の電源を切り、手袋をはめた状態でグリットローラーを回しながら歯ブラシ等で清掃してください。





対処方法6

「オーバーカット」の値を設定してみてください。
切り残しが出る際に、カット量を少し多くする設定です。
「セッテイ」->「オーバーカット」で、0.2mm辺りから調整します(設定範囲は0.1mm~1.0mm)。
オーバーカットの設定は、取扱説明書をご参照ください。





対処方法7

「ホセイアツオフセット」の値を徐々に大きくしてみてください。
角をカットする際、シートがめくれないように自動的に低いカット圧力でカットします。
カット圧力が低いため、刃先が進行方向にスムーズに回転せず、切り残しができる場合があります。
ホセイアツオフセットの設定は、取扱説明書をご参照ください。



 

対処方法8

カット開始時の刃の向きを合わせるために「捨て切り」を設定します。
「セッテイ」->「ステギリ」を「オン」に設定して、セイホウケイで試してください。



 

対処方法9

ピンチローラーやカッター刃が摩耗していたり、ペンラインゴムに傷やヘコミがあるようでしたら、交換してみてください。
サプライ品の品番・価格についてはこちらを確認してください。


Return to Content

ページの先頭へ戻る