ものづくり補助金の申請について

サポート情報

【2019年の公募が開始されました!】
ミマキエンジニアリングはものづくり補助金の申請を応援します。


ものづくり補助金【最大1000万円】お得に導入するチャンス!

証明書取得等のお問合せはこちら
お問い合わせフォームにて承ります。


ものづくり補助金とは?


中小企業が取り組む革新的なサービス開発・試作開発・生産プロセスの改善をおこなうための支援です。


ご案内チラシ


補助金対象


認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、
以下の要件のいずれかを満たす者。

  • 「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で「付加価値額」が年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。
  • 「中小ものづくり高度化法」に基づく特定のものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

公募期間

公 募 開 始:2019年2月18日(月)
第一次締切:2019年2月23日(土)〔消印有効〕
第二次締切:2019年5月8日(水)〔消印有効〕

公募に関するご質問については、最寄りの都道府県地域事務局までお尋ねください

全国中小企業団体中央会および各地域事務局(都道府県中小企業団体中央会)
受付時間:10:00~12:00、13:00~17:00(土日、祝日を除く)
全国中小企業団体中央会ホームページ https://www.chuokai.or.jp/hotinfo/mh_koubo20190218new.html

対象型と補助上限額等

対象経費の区分補助上限額
(補助下限額)
補助率
1. 一般型 ※1 ※2
機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
1,000万円
(100万円)
1/2
2. 小規模型 ※1 ※2
機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
500万円
(100万円)
小規模事業者
2/3
その他
1/2

昨年度までの実績によると、「一般型」の申込みが多数でしたが、当社製品は全ての区分で申請が可能です。

※1 本事業遂行のために必要な専門家を活用する場合 補助上限額30万円アップ
※2 以下のいずれかの場合には補助率2/3

  • 生産性向上特別措置法に基づき、固定資産税ゼロの特例を措置した地方自治体において補助事業を実施する事業者が、平成30年12月21日の閣議決定後に先端設備等導入計画を新たに申請し認定を取得した場合
  • 3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年1%に加え、「従業員一人当たり付加価値額」(=「労働生産性」)年率3%を向上する中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画を、平成30年12月21日の閣議決定後に新たに申請し承認を受けた場合


その他の製品についてのご案内はこちら




今回のおススメ!!


証明書取得等のお問合せはこちら
お問い合わせフォームにて承ります。

ものづくり補助金でMimakiシステムの導入をお考えの企業様へ

地域密着型のきめ細かいサポート

全国16拠点26地域グループに配置した営業とカスタマーエンジニアが、お客様を全力でサポートします。

自社メンテナンスによる信頼された技術力

ミマキのサポートは全て自社の社員が対応します。初心者の方には使い方についてトレーニングを行っています。※別途教育費を申し受けております。
トラブルの際にも技術力の高いエンジニアが責任を持って迅速にサポート。営業とエンジニアが密に連携し、お客様の困りごとを手厚くサポートします。




■本ページの内容は平成30年12月28日に中小企業庁から発表された平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業」のお知らせを元に作成をしております。最新情報は、随時更新いたします。


Return to Content

ページの先頭へ戻る