メニュー

優れた後加工性

インクは紫外線を照射する事で硬化するアクリル系樹脂を採用し、ABS樹脂同等の強度を実現しています。

造形物のネジ切りなど
二次加工も可能

造形後にネジ切りやドリル穴開けなどの二次加工を行うことが可能です。石膏方式では難しい二次加工による多用途化/付加価値化が見込めます。

※二次加工性能は造形する形状によっても異なります

  • ドリルでの下穴加工ドリルでの下穴加工
  • タップ加工後にネジを取り付けタップ加工後にネジを取り付け

5kgの荷重をかけた状態

ネジを固定した状態で5kgの力で引っ張っても耐えられる強度を備えています。看板の取り付けの際にも便利です。

オーバーコート使用前

オーバーコート使用後

オーバーコートで実現
美しい仕上がりと耐候性の向上

インクがアクリル系樹脂のためオーバーコートの使用が可能です。表面をよりなめらかにするとともに耐候性も向上させます。

作りやすさの追求

水に溶けるサポート材で
手間なく美しい仕上がり

造形に必要なサポート材には、水溶性のサポート材インクを採用。水に浸けることでサポート材を除去でき、削り取る必要がないため、繊細なデザインの場合も造形物を破損することなく簡単にサポート材を除去することができます。

水に溶けるサポート材で手間なく美しい仕上がり

ドラゴンと球体の間にサポート材を造形し除去することで、
球体を回転できるデザインも可能です。

※サポート材の除去時間は、造形物の大きさや形状等の条件により異なります。

お問い合わせ

出力サービスに関するお問い合わせ

関連会社の株式会社グラフィッククリエーションにて、当社3Dプリンタ『3DUJ-553』を使用した出力サービスを行っております。これまでにない色鮮やかで美しいフルカラー3Dプリントをご体験ください。

TEL:0268-64-6500

受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社グラフィッククリエーション
担当:白倉 厚

3Dプリンタに関するお問い合わせ

ミマキのフルカラー3Dプリンタ『3DUJ-553』には、長年の業務用インクジェットプリンタの開発・製造で培ってきた独自技術を活かしたUV硬化インクジェット方式を採用しています。お見積りや仕様等、製品に関するお問い合わせはこちらでお受けいたします。

TEL:0268-80-0078

受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社ミマキエンジニアリング
経営企画本部 グローバルマーケティング部
担当:所 康武

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

※1:2017年8月現在 当社調べ