メニュー
3DUJ-553

仕様

項目 3DUJ-553
造形方式 UV硬化インクジェット方式
表現可能色数 フルカラー1,000万色以上
プリントヘッド オンデマンドピエゾヘッド 8ヘッドインライン
インク 種類/色 モデル材インク MH-100(C, M, Y, K, ホワイト, クリア)
サポート材インク SW-100
内蔵タンク容量 C, M, Y, K:3L
ホワイト, クリア, サポート材:5L
供給形態 C, M, Y, K:1Lボトル
ホワイト, クリア, サポート材:4.8Lボトル
造形領域(W×D×H) 508mm×508mm×305mm
最小積層ピッチ 22μm
造形時間 ※100×100×100mm(W×D×H)サイズ造形時 高速モード:14.4時間 600×300×600dpi(42μm)
標準モード:17.0時間 600×300×800dpi(32μm)
高精細モード:25.7時間 600×300×1,270dpi(22μm)
3Dデータフォーマット STL、OBJ、VRML、PLY、3MF
ソフトウエア(標準添付) レイアウトソフト「Mimaki 3D Link」
インターフェイス Ethernet 1000BASE-TX
電源仕様 単相AC100~120V/220~240V±10%
50/60Hz±1Hz
適合規格 VCCIクラスA/FCCクラスA/UL60950準拠ETL/
CEマーキング(EMC指令、低電圧指令)/CB認証/
RoHS対応/REACH
外形寸法(W×D×H) 2,250mm×1,500mm×1,550mm
重量 600kg(インク重量含む)

※記載の仕様、デザイン、寸法などは、技術改善等により予告なく変更する場合があります。

造形方式
UV硬化インクジェット方式を採用

UV光(紫外線)を照射すると硬化するUVインク(C,M,Y,K,ホワイト,クリア)を一層ずつプリントし、それを積み上げることで造形します。造形後に着色するのではなく、カラーインクを使用して造形するため美しいフルカラー表現を実現します。

  • インクを吐出→UVランプで硬化

    インクを吐出→UVランプで硬化

  • インクを吐出→ローラーで表面を均す→UVランプで硬化

    インクを吐出→ローラーで表面を均す→UVランプで硬化

  • 一層プリントしたら一層分テーブルが下がり積層していく

    一層プリントしたら一層分テーブルが下がり積層していく

造形方式
光源はUV-LED

熱による造形物への影響が少なく、点灯の起動時間が不要。長寿命&省電力で、ランニングコストを削減できます。

造形方式
積層&着色方法

スライスした3Dデータを、カラーインクとサポート材インクで同時にプリントすることで造形していきます。

  • 3Dデータをスライス

    3Dデータをスライス
    3Dデータ:STL、OBJ、VRML、PLY、3MF

  • 一層ずつプリントして積み上げる

    一層ずつプリントして積み上げる

  • プリント終了サポート材を除去して完成

    プリント終了
    サポート材を除去して完成

安心運転サポート機能

世界初搭載※1

1. ノズル抜けを軽減し安定したインク吐出を可能にする『インク循環ヘッド』

インクを循環させることで顔料の沈殿を防止し、ノズル抜けの要因となる気泡も除去します。

インク循環ヘッド

世界初搭載※1

2. 自動でノズル抜けを検出&解決する『NCU(Nozzle Check Unit)』

ノズルの状態を赤外線センサーが自動で検知。ノズル抜けを発見した場合は自動でクリーニングを行います。

NCU(Nozzle Check Unit)

3. 仕事を見守る『造形監視用カメラユニット』

3Dプリンタの動作状況、造形の進捗状況が遠隔地からでも確認できます。

造形監視用カメラユニット

カメラユニット

3D造形のワークフロー

3Dデータの準備

3Dデータの準備

3Dデータを作成3DCGソフト、3DCADソフト、スキャナ取り込みなど

色調整が不要な場合

色調整が必要な場合

「Photoshop」+「MPM3」
を使用して画面上で色を確認MPM3はオプション

データ修正ソフトでデータのエラーチェック・修正必要に応じてデータ加工

プリントの準備

プリントの準備

レイアウトソフト「Mimaki 3D Link」で
データをレイアウトし、
プリンタにジョブデータを送信 Mimaki 3D Linkは標準添付

データをプリント

データをプリント

3Dプリンタ「3DUJ-553」で造形

水に浸けてサポート材を除去

必要に応じてニス加工などの後加工

完成

お問い合わせ

出力サービスに関するお問い合わせ

関連会社の株式会社グラフィッククリエーションにて、当社3Dプリンタ『3DUJ-553』を使用した出力サービスを行っております。これまでにない色鮮やかで美しいフルカラー3Dプリントをご体験ください。

TEL:0268-64-6500

受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社グラフィッククリエーション
担当:白倉 厚

3Dプリンタに関するお問い合わせ

ミマキのフルカラー3Dプリンタ『3DUJ-553』には、長年の業務用インクジェットプリンタの開発・製造で培ってきた独自技術を活かしたUV硬化インクジェット方式を採用しています。お見積りや仕様等、製品に関するお問い合わせはこちらでお受けいたします。

TEL:0268-80-0078

受付可能時間:平日9:00〜17:00
株式会社ミマキエンジニアリング
経営企画本部 グローバルマーケティング部
担当:所 康武

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

※1:2017年8月現在 当社調べ