コストパフォーマンス&高品質を追求したMimaki純正転写紙『TRS95シリーズ』販売開始のお知らせ

純正メディア

コストパフォーマンス&高品質を追求したMimaki純正転写紙
『TRS95シリーズ』

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、優れたコストパフォーマンスと高い品質を両立した中厚口転写紙『TRS95シリーズ』の販売を2017年1月5日より開始いたします。

 『TRS95シリーズ』は、これまで販売しておりました昇華転写インク用転写紙「TRS75シリーズ」の後継品として、コストパフォーマンス&高品質を追求した転写紙です。転写紙市場のなかでも特に使いやすく需要の高い、坪量95g/m2の中厚口転写紙で、インク量の多い屋内外サインやバナーをはじめ、ホームファニシング、ファッションなどさまざまな用途に対応できます。また、滲みにくく、高いガスバリア性といった優れた性能バランスを兼ね備え、高濃度印字が求められる仕事でも力を発揮します。価格は、89円/m2(※1)を実現し、他社製品と比べてもコストパフォーマンスに優れたメディアです。メディア幅は、1,320mm、1,620mm、1,900mmの3種類からお選びいただけます。
※1:1,320mm幅の場合

◎製品特長

1.高いガスバリア性

『TRS95 シリーズ』は高いガスバリア性を備えており、高濃度印字でも転写紙裏面からの昇華ガスの発生はほとんどありません。転写機のヒーター汚染を軽減し、プリント品質の向上、製品の歩留まりアップに貢献します。

ガスバリア性の評価

【評価方法】
転写紙の裏面に評価用の布を敷いて転写し、転写紙の裏面から発生した昇華ガスの吸着状況を確認。


転写中のイメージ

【評価結果】
(昇華ガスを吸着した布の比較)※高濃度部分のカラーパッチ部分を抜粋


評価結果(昇華ガスを吸着した布の比較)

2.インクが滲みにくい


『TRS95シリーズ』は、色間でインクが滲みにくいため、高濃度印字の場合でも紙の表面でインクが混ざりにくく、きれいな画質と発色を表現できます。

プリント物の色間の滲み状態

【評価方法】
プリント24時間後に転写し、色間の滲み状態を比較。


TRS95:滲みにくい_TRS75よりもさらに色間でインクが滲みにくい

3.優れたコスパ&高性能の両立


『TRS95シリーズ』は、コストパフォーマンスを追求し、89円/m2(※1)を実現しました。当社純正の転写紙のなかでも最も安価にご利用いただけます。さらに「TRS75シリーズ」と比べ、全体的に性能が向上。低コストと高品質を兼ね備えた転写紙です。
※1:1,320mm幅の場合

TRS95シリーズとTRS75シリーズの性能比較(レーダーチャート)

TRS75シリーズの性能を基準に面積比を比較。


TRS95シリーズとTRS75シリーズの性能比較(レーダーチャート)

◎仕 様


製品名 TRS95-1320 TRS95-1620 TRS95-1900
品 番 MTW-110-132-150 MTW-110-162-150 MTW-110-190-120
メディア幅 1,320mm 1,620mm 1,900mm
メディア厚 123µm 123µm 123µm
巻 長 150m 150m 120m
プリント面 外側 外側 外側
紙管内径 3インチ 3インチ 3インチ
外径
(原反+紙管)
約17cm 約17cm 約16.3cm
重量
(原反+紙管)
約19kg 約23kg 約22kg

※記載の仕様、寸法などは、技術改善等により予告なく変更する場合があります。

◎販売価格

TRS95-1320  17,700円(税別)
TRS95-1620  21,500円(税別)
TRS95-1900  23,600円(税別)

◎販売開始日

2017年1月5日

◎販売目標

10,000本/年(国内)

◎記事に関するお問合せ先

株式会社ミマキエンジニアリング
営業本部プロモーショングループ 所 康武
長野県東御市滋野乙1628-1  
TEL:0268-64-2281 / FAX:0268-80-0041


Return to Content

ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報