事例&コラボ

課題
改善
既存機以上の高品質と高生産性を兼ね備えたマシンを導入したい。
SS21インクの高い耐候性とJV330の高生産性で品質の高い印刷を実現。同機2台目の導入も検討中。
導入した製品
課題
改善
ドイツのスタートアップであるFansea社は、3Dアセット制作とWeb3とメタバースのコンサルティングを中心に事業を展開。データと実物のギャップを埋めるため、デジタルアセットのリアルな3Dコピーを作成できる技術がほしい。
3DUJ-553を使えば、各アイテムの特質を、画面から実物のモデルへ正確に表現することができる。3Dプリンターは、デジタル空間に革命を起こす可能性を秘めている。
導入した製品
課題
改善
機械の老朽化が進んだため、最新機種を導入したい。手間をできるだけなくして効率的に仕事を進められる機械が欲しい。
JV330の画質や印刷速度の向上に加え、XYスリッターやメディアチェンジャーで人的ミスや納期に追われる心配も解消。TxF150-75は、仕上がりの良さで顧客にも高評価、高いリピート率を誇っている。スクリーン印刷より効率的に生産でき、BtoCの受注量アップにも貢献。
導入した製品
課題
改善
Eurotipo社は、常に進化し続ける市場の要求に対応し、設備と生産工程を可能な限り最新の状態に保つことを目的として、プロダクションプリンティング設備の拡張と強化を行ってきた。そのため彼らは、最高の印刷品質とスピードを提供する大判印刷システムを探していた。
JV330は高速で、柔軟性があり、生産性が高いので、導入してすぐに生産性と納期・作業時間の面で改善が見られた。また、それらの優れた性能のため、新たなアプリケーションの展開も可能にした。
導入した製品
課題
改善
インクジェットで綿タオルに印刷したいが、前後設備導入や水の使用等ハードルが高い。
昇華転写プリンタの導入でパイル地のポリエステルタオルにプリントを開始。「TS330-1600」を導入後は生産効率と印刷品質が上がり満足している。
導入した製品
コラボレーション
MIMAKIの取り組み
写真家:千々岩 孝道 様
「JV330-160」および「JV100-160」で展示作品のプリントを実施させていただきました。
課題
改善
ランニングコストを抑えつつ、従来よりも生産性をアップさせたい
JV300とM‐64sの2台体制をJV330-160 1台に移管、コストカットのみならず、省スペース・高生産を実現
導入した製品
課題
改善
事業拡大とともに外注費がかさんできたことに加えて、外注先が忙しい時期は納品まで時間がかかり商機を逃すことも。
「JV330-160」を導入したことで、先に導入されていた「UJF-6042MkII e」(ミマキUV機)と合わせてグッズ作成の約8割が内製化され、短期間での納品も可能に。さらに自社店舗で利用する内装やポップも内製することで、幅広いコスト削減が実現した。今後は機器をさらに増設し、内製化比率を100%に近づけていく予定となっている。
課題
改善
オペレータの女性デザイナーでも簡単に使用できるプリンタが欲しい。
「JV330-130」を導入。毎日使うメディアとたまに使う特殊なメディアを同時に搭載できる「メディアチェンジャー」により、女性一人でも簡単にメディアの交換作業が行えるようになり、オペレータの手間が減った。
導入した製品
課題
改善
大量受注時の生産性と高精細の両立。旧型機からのスムーズな入れ替え。
生産性の向上と画質の高い満足度。ファブリック(内装)分野への進出に貢献。
導入した製品

1 2 3 4 |

Return to Content

ページの先頭へ戻る