ソルベントインク搭載ワイドフォーマットインクジェットプリンタ「JV300-190」販売開始のお知らせ

製品情報

ソルベントインク搭載ワイドフォーマットインクジェットプリンタ


JV300-190ロゴ

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、2014年に販売を開始したソルベントインク搭載「JV300-130/160」の新しいラインナップとして、1,950mm幅のメディアまでセットできる「JV300-190」の販売を2017年12月より日本国内で開始いたします。

 「JV300-130/160」は、2014年6月の販売開始からサイングラフィック市場でご好評をいただき、多くのお客様にお使い頂いております。今回販売を開始する「JV300-190」はテント用のターポリンや工事用の養生幕をはじめとした1,900幅メディアへのプリントを可能にするために、セット可能なメディア幅を1,950mmに拡張しました。また、新規設計の巻取りを2基搭載することで重量のあるメディアの巻取りを可能にします。

 これまで当社が培った技術を集めた画質の美しさはもちろん、2基をスタガ配列したプリントヘッドと、乾燥性の良いSS21インクを搭載することで34.3m2/h(※1)のプリント速度を実現、さらに、特許を取得している『3Wayインテリジェントヒーター』をはじめとする画質コントロール技術を盛り込み、突き抜ける速さと、息をのむ美しさを両立させております。インクセットはC,M,Y,K,Lc,Lmの6色に加えてオレンジ、ライトブラックの2色が搭載可能。オレンジでは幅広い色域による色表現、ライトブラックでは美しいグラデーション、それぞれの特長を活かした高付加価値プリントをご提供いたします。
※1:540×720dpi、4Passでプリントした場合


◎概 要


JV300-190製品写真
  • 1,900mm幅メディアへのプリントが可能
    最大作図幅を1,940mmに拡張

  • 重量メディアの安定搬送
    ・搭載可能なロール重量を40kgから50kgに拡張
    ・小巻取りを2基搭載する事で安定した重量メディアの搬送を実現

  • 高付加価値を実現するソルベントインク
    『SS21』インクでオレンジ、ライトブラックを搭載可能

  • 『息をのむ美しさ』を実現する画質コントロール技術
    『MAPS3』、ミマキ特許『3Wayインテリジェントヒーター』

  • 「仕事を止めない」連続運転ソリューション
    自動ノズル抜け検出、ノズルリカバリー、イベントメール機能を搭載


◎主な仕様


項 目JV300-190
プリントヘッド オンデマンドピエゾヘッド(2ヘッドスタガ)
プリント分解能 Y:360dpi、540dpi、720dpi X: 360dpi、720dpi、1080dpi
最大作図幅 1,940mm
最大メディア幅 1,950mm
インク 種類/色 エコソルベントインク
・4色セットSS21(C,M,Y,K)
・8色セットSS21(C,M,Y,K,Lc,Lm,Lk,Or)
容量 SS21:440mlインクカートリッジ / 2Lインクパック
※2Lインクパックをご利用いただくには別売りオプションのMBIS3(Mimaki Bulk Ink System3)が必要。
メディア厚み 1.0mm以下
ロール重量 50kg以下
適合規格 VCCIクラスA / FCC クラスA / RoHS対応 / REACH
インターフェイス USB 2.0、LAN(イベントメール用)
電源仕様 単相(AC200~240V)×2
消費電力 1.92kVA×2
動作環境 使用可能温度:15℃~30℃、湿度35~65%Rh(結露なきこと)
外形寸法(W×D×H) 3,200mm×850mm×1,857mm
重量 210kg

※記載の仕様、デザイン、寸法などは、技術改善等により予告なく変更する場合があります。


◎販売価格


JV300-190  315万円(税別)

◎販売開始

2017年12月

◎販売目標

50台/年(日本のみ)

◎お問い合わせ先

株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部 所 康武
長野県東御市滋野乙1628-1
TEL:0268-80-0078 / FAX:0268-80-0041

WEBお問い合わせフォーム

製品に関するお問い合わせ

関連情報

JV300 Series 製品情報


Return to Content

ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報