テキスタイル向けベルト搬送方式インクジェットプリンタ 高速レンジモデル『Tiger-1800B MkII』販売開始のお知らせ

製品情報

テキスタイル向けベルト搬送方式インクジェットプリンタ 高速レンジモデル

Tiger-1800B MkII

 株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/池田 和明)は、2016年9月より販売を開始したテキスタイル向けベルト搬送方式インクジェットプリンタ「Tiger-1800B」の後継モデルとして、高画質を実現する機能とプリントモードを追加した『Tiger-1800B MkII』の販売を2018年7月より開始いたします。

 『Tiger-1800B MkII』は、高品質なプリントへと導く高い安定性と高精度なプリント技術を基盤に、スピードと美しさを追求した高速レンジモデルです。用途に合わせ、合計16基のヘッドを8基2列のスタガ配列にしたダイレクト捺染モデルと合計8基のヘッドを4基2列のスタガ配列にした昇華転写モデルの2モデルをラインナップいたしました。最高プリントスピードはどちらのタイプも同様に385m2/h(※1)を実現。サンプル作成から小ロット生産まで幅広い用途でお使いいただけます。機能面では1,200dpiのプリントモードを追加し高画質でのプリントを可能にしております。また、高画質かつ、高速なプリントを実現するためにMAPS(※2)を新たに搭載。通常、直線になるパスの境界は少しのズレで横シマが目立つバンディングや、色ムラの原因になります。MAPSはパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションの様にすることでバンディングや色ムラの発生を軽減します。さらに、高い生産性を維持するために、ノズルを洗浄しても改善されないノズルトラブルに対して、別のノズルで代替えすることでサービスマンの修理を待つことなくプリントを再開できるNRS(※3)を搭載いたします。

 『Tiger-1800B MkII』は、高い設計技術による高速で安定したプリントとそれを維持する安心機能を備えております。さらに、多彩な布の種類や状態を考慮し、プリント後の収納方法に対応する繰り出しや巻き取りユニット等も充実させ、お客様の仕事の内容や設置環境に合わせた最適な製品システムをご提案してまいります。

※1 385m2/h:高速(3drop)モード 600×600dpi 1pass 1Layer 生地幅1,500mm
※2 MAPS:Mimaki Advanced Pass System(以下に詳細説明)
※3 NRS:Nozzle Recovery System(以下に詳細説明)


ダイレクト捺染モデル

昇華転写モデル

◎特長


1. 仕事に合わせたプリントモードの選択が可能

より高画質なプリントを実現するために1,200dpiのプリントモードを追加するとともに、マルチパスに対応いたしました。決められた印字範囲を1回でプリントするシングルパスは、個々のノズルの状態によって微妙なドット径の違いや、着弾位置のズレが発生することがあります。発生したズレはシマやスジとして現れ、印刷品質の低下につながります。マルチパスは決められた印字範囲を複数回違うノズルでプリントする事でシマやスジの発生を抑制し、より美しいプリントを実現します。
『Tiger-1800B MkII』は、生産性を重視した高速プリントから、美しさを重視した高画質プリントまで仕事に合わせてお選びいただけます。

ダイレクト捺染モデル プリントスピード(双方向)

モード 解像度 Pass数 Layer数 印刷スピード
高速(3drop) 600×600 dpi 1 1 385m2/h
標準(4drop) 600×600 dpi 1 1 295m2/h
高速(3drop) 600×1,200 dpi 2 1 210m2/h
標準(4drop) 600×1,200 dpi 2 1 155m2/h
高速(3drop) 1,200×1,200 dpi 2 1 120m2/h
標準(4drop) 1,200×1,200 dpi 2 1 85m2/h

昇華転写モデル プリントスピード(双方向)

モード 解像度 Pass数 Layer数 印刷スピード
高速(3drop) 600×600 dpi 1 1 385m2/h
標準(4drop) 600×600 dpi 1 1 295m2/h
高速(3drop) 600×1,200 dpi 2 1 210m2/h
標準(4drop) 600×1,200 dpi 2 1 155m2/h
高速(3drop) 1,200×1,200 dpi 2 1 120m2/h
標準(4drop) 1,200×1,200 dpi 2 1 85m2/h

2. MAPS:高速プリントを支える、信頼性と安定性

通常、直線になるパスの境界は少しのズレで横シマが目立つバンディングや、色ムラの原因になります。MAPS(Mimaki Advanced Pass System)はパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションの様にすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し美しいプリントを実現します。(※4)。
※4:1PassのプリントモードではMAPSは使用できません。


MAPSあり

■MAPSあり
パスの境界を拡散させるのでバンディングや色ムラを軽減して美しい画質を実現。


 


MAPSなし

■MAPSなし
パスの境界線でバンディングが発生。横スジや色ムラが入るため著しく画質を損なう。


3. NRS:「生産性を維持する」連続運転ソリューション


クリーニングしても改善されないノズルトラブルは、サービスマンによる修理が終わるまでプリンタを使用できず生産を止める必要がありました。NRS(Nozzle Recovery System)はクリーニングでは改善できないトラブルがあるノズルを別のノズルで代替えしてプリントいたします。サービスマンによる修理を待つことなく生産を再開できます。(※5)
※5:後日対応予定。
   プリントモードによってはNRSを使用できない場合がございます。


ノズルリカバリー機能がある場合

4. 用途に合わせて選べる、充実したオプション


プリントする布・転写紙の種類や状態、プリント後の収納方法に合わせて選択できるオプション設備をラインナップ。お客様の生産工程に合わせたご提案が可能です。

1)繰り出しオプション

①ロールメディアセンタリングユニット

センタリング装置、テンションバーを搭載したロールメディア用繰り出しユニット


ロールメディアセンタリングユニット
②ジャンボロールユニット(ダイレクト捺染モデル用)

長尺のロールメディア生地をプリンタにセットすることを可能にするジャンボロールユニット
繰り出しにも巻き取りにも使用することが可能


ジャンボロールユニット(ダイレクト捺染モデル用)
③ジャンボロールユニット(昇華転写モデル用)

長尺の転写紙をプリンタにセットすることを可能にするジャンボロール繰出ユニット
取付最大径は1,000mmまで、最大荷重は1,000kgまで対応


繰り出し:ジャンボロールユニット(昇華転写モデル用)

2)乾燥巻き取りオプション


①大型ヒーターユニット+振り落としユニット(ダイレクト捺染モデル)
  • 大型ヒーターユニット
    大型ヒーター装置
    電気ヒーターを使用した乾燥方式

大型ヒーターユニット
  • 振り落としユニット
    乾燥後の布を巻き取らずに運用する場合用の振り落としユニット
    プリント、乾燥後の生地を受け箱内に畳みながら布を送る
    ※大型ヒーターにのみ取り付け可能

振り落としユニット

②ジャンボロールユニット(昇華転写モデル用)

長尺の転写紙をプリンタにセットすることを可能にするジャンボロール乾燥/巻取りユニット
巻取り最大径は500mmまで、最大荷重は500kgまで対応


巻き取り:ジャンボロールユニット(昇華転写モデル用)

◎主な仕様


項 目 Tiger-1800B MkII
ダイレクト捺染モデル
Tiger-1800B MkII
昇華転写モデル
プリントヘッド 16基(8基2スタガ配列) 8基(4基2スタガ配列)
プリント分解能 600 / 1,200dpi 600 / 1,200dpi
プリントスピード
(生地幅:1,500mm)
最大385m2/h(※6) 最大385m2/h(※6)
最大作図幅 1,850mm
最大メディア幅 1,900mm
インク種類 反応:MLRc500
(酸性/昇華/顔料)後日対応予定
昇華転写:Sb510
容量 10kgインクタンク
インクセット 反応:C,M,Y,K,Or,Bl,R,Lk
酸性・昇華・顔料:未定
C,M,Y,K
搭載可能
インク数
8 4
セット可能紙管径 2inch(※7) 3inch(※8)
ロール重量 100kg以下(※7) 繰出し:1,000kg以下(※8)
巻取り:500kg以下(※8)
ロール外径 400mm以下(※7) 繰出し:1,000mm以下(※8)
巻取り:500mm以下(※8)
インターフェイス USB 2.0 / Ethernet
電源仕様 本体:3相 380V ±10%、65A以下
ヒーター:3相 380V ±10%、40A以下
動作環境 使用可能温度:20℃~25℃、湿度35~65%Rh
外形寸法
(W×D×H)
本体:5,250×2,010×2,024mm
繰出し:2,240×475×1,167mm(※7)
ヒーター/巻取り:2,825×1,300×1,034mm(※7)
本体:5,250×2,010×2,024mm
繰出し:2,730×1,703×1,315mm(※8)
ヒーター/巻取り:2,895×2,400×1,084mm(※8)
重量 本体:4,750kg
繰出し:130kg(※7)
ヒーター/巻取り:840kg(※7)
本体:4,750kg
繰出し:722kg(※8)
ヒーター/巻取り:1,580kg(※8)

※6:385m2/h:高速(3drop)モード 600×600dpi 1pass 1Layer
※7:繰出・巻取それぞれに標準ユニット(別売)を装着時
※8:繰出・巻取それぞれにジャンボロールユニット(別売)を装着時
※記載の仕様、デザイン、寸法などは、技術改善等により予告なく変更する場合があります。


◎販売予定価格


Tiger-1800B MkII ダイレクト捺染モデル  50,580,000円(税別)
Tiger-1800B MkII 昇華転写モデル  62,520,000円(税別)

◎販売開始

2018年7月

◎FESPA Global Print Expo 2018

Tiger-1800B MkIIをFESPA Global Print Expo 2018へ出品いたします。
【会 期】 2018年5月15日(火)~5月18日(金)
【開催地】 ドイツ ベルリン
【会 場】 Messe Berlin (Berlin Expo Center City)
公式Webサイト

◎お問い合わせ先

株式会社ミマキエンジニアリング
グローバルマーケティング部 所 康武
長野県東御市滋野乙1628-1
TEL:0268-80-0078 / FAX:0268-80-0041

WEBお問い合わせフォーム

製品に関するお問い合わせ


Return to Content

ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報