株式会社シミズオクト(東京都新宿区)

課題
改善
ロールの仕事が多いため、UVを使い作業工程を短縮したい。また、白インクが必要なものは外注しているため内製化したい。
UCJV300の導入で生産性が格段に上がった。白インクの仕事を内製化できただけでなくクオリティーも向上。有色素材や透明素材への出力を高濃度・高品質にこなせるようになった。

装飾のプロが認める「新たな武器」:白が必要なもの、しっかりと隠蔽性を出したいものは「UCJV300」で高品質に


第一生産部 問可(とが)龍一課長

第一生産部 問可(とが)龍一課長

UCJV300導入の決め手

  • 作業工程を短縮できる
  • 白インクの仕事を内製化でき、外注にかかるストレスが解消できる
  • プリントメディアの汎用性が高い

ロールの仕事はUVへの移行が必須と考えた


機器の選定を行った同社生産・積算課の野村正路チーフリーダーは「悩みましたが、生産品を分類し、どれが頻出かで決定しました。当社で最も多いのはシートのロールメディア。作業工程を短縮させるため、溶剤系IJPからの切り替えを行うのが先と考え『UCJV300-160』に決定しました」。

インクに柔軟性があるため、メディアの上で割れたり、剥がれたりすることなく、施工現場でのNGも少なくなった。
出力物にもよるが毎時10.6㎡でのプリントが可能で、溶剤と異なり乾燥時間も必要ないため、生産性は格段に上がった。
品質面でも問可課長が「稼働している他のプリンタと比べても、一番仕上りがきれい」というほど高評価を得ている。


生産・積算課 野村正路チーフリーダー

生産・積算課 野村正路チーフリーダー


白インクの仕事のストレス解消


出力ではUVインクによってメディア対応力が向上。さらに、白色インクも搭載しているため、出力するメディアの地色を気にせずプリントできる。
前述のように、同社では白色が必要なものはこれまで外注だったが、特に二層での白の入れ方など指示が難しく、表現面でも例えば「ビールの冷たさ」「食品のシズル感」といった細やかな表現を要求されることが多いため、他社に任せるにはハンドリングの難しさがあった。実際、難しい表現の場合は泊氏が外注先まで出向き、サンプルを数種類出すなど微細な調整を行ってから出力していた。

「UCJV300-160」の導入により、これらが社内で出力でき、細かな表現までオペレーターの手を入れクオリティーが向上した。
「時間がないけれど、でもクオリティー要求は高いといった場合に悩むストレスが減りました」と野村チーフリーダー。


UCJV300の用途


導入した「UCJV300-160」

導入した「UCJV300-160」

「UCJV300-160」での出力物は、高いクオリティーを求められるコンサートなど舞台装飾で活用されるケースが増えている。メディア自体にカラーやメタリックなどの色が付いているものや、透明素材によるガラス装飾などがジョブの半分ほどもある。

他のIJPとの使い分けに関して、野村チーフリーダーはこう言う。「まずは白が必要なもの、しっかりと隠ぺい性を出したいものはUV」

泊氏は「アンドン(内照式)などでは、インクのにじみがなくしっかりと色を出せるので安心できます。逆にわざとにじんだ風合いにしたい場合は、溶剤で調整します」。


ミマキ製品との出会いは「JV4」の導入からで、その後「JV5」も設備し、現在は「UJV500-160」「UJF-6042MkII」などが稼働。このほか、溶剤系のロールタイププリンタ2台も設備している。


新たな武器としてのUCJV300


問可課長はこう述べている。
「クライアントから『木目のテーブルが欲しい』と言われた時には、それがどういった場所でどのくらいの期間、どのように使われるのか、仕上りへのこだわりはどうか、予算はどうかなどさまざまなファクターを考えます。その上で製作方法を考えるのですが、当社は木材、木目のシート、塗装などあらゆる方法を持っています。この中に『UCJV300-160』という新たな武器ができたのです」。

シミズオクトは、この新たな武器により、さらに装飾やディスプレイでの活用を見込んでおり、今後もミマキエンジニアリングと情報共有しながら、あらたな付加価値を生む出力物を世の中に提供したいとしている。


同社の若手が作ったミーティングルーム

同社の若手が作ったミーティングルーム


左から問可龍一課長、野村正路チーフリーダー、出力を担当する泊啓二氏

左から問可龍一課長、野村正路チーフリーダー、出力を担当する泊啓二氏




UCJV300導入後の変化

  • 生産性が格段に上がった
  • 白インクの仕事を内製化でき、細かな表現までクオリティーが向上
  • 有色素材や透明素材の出力を高濃度、高品質にこなせる

「UCJV300」によるDay&Nightサイン

「UCJV300」によるDay&Nightサイン


株式会社シミズオクト


株式会社シミズオクト

(株)シミズオクトは1932年創業で、80年以上の歴史がある会社。
その事業は、神宮球場大学野球の業務から始まり、スポーツやコンサート、展示会の運営、そして警備も務めるなど多岐にわたり発展し、現在、社員数は約1,329名。(平成30年2月1日グループ合計)
その中で、コンサートや展示会の飾りつけを行う「装飾部門」も誕生し、同社事業の柱の一つとなっている。


出力から施工まで一貫提供


装飾部門はシミズスポーツ装飾センターで発足。1971年、シミズ舞台工芸となり、2001年にシミズオクトとしてシミズスポーツとシミズ舞台工芸が統合され現在に至る。
ステージ関連の装飾では国内でもトップクラスの実績があり、ビッグアーティストの公演や国際的スポーツイベント、大規模展示会のブース装飾などを舞台裏から支えている。

その首都圏の拠点となるのが、千葉県袖ケ浦市にあるシミズオクト千葉スタジオ。
1990年にオープンしたこのスタジオだが、1997年に東京湾アクアラインが開通し、迅速な対応とスタジオの稼働がより一層上がった。
出力だけではなく、木工や立体造形、塗装、金属加工、舞台機構物や大型ステージシステムを取扱い、運搬や現場施工、廃棄物処理まで同社内で行える設備を持っており、イベント関連では一貫したサービスを提供できる強みを持つ。

同社の場合、素材や着色の方法はクライアントから任せられ、自社の判断で決められるため、クオリティーとコストを比較しながら、作りやすい手段で、理想形を実現しいているのも特長の一つだ。


企業・団体プロフィール

  • 名称株式会社シミズオクト
  • 業種会場設営、来場者サービス、セキュリティサービス、施設サービス、映像技術、国際ビジネスなど
  • 住所〒161-0033 東京都新宿区下落合1-4-1
  • 電話番号03-3360-7051
  • URLhttps://www.shimizu-group.co.jp/

導入した製品

Return to Content

ページの先頭へ戻る