活用事例

製品導入事例

課題
改善
小ロットのグッズ製作に対応したい。また、それに付随する商品パッケージ製作も内製化したい。
UJF-6042とCFL-605RTの導入で内製化を実現。CFL-605RTはパッケージだけでなく異形シール製作にも活用。サンプルを1個作って提出することにより受注率が大幅に上がった。
導入した製品
課題
改善
缶バッジと台紙の製作を外注(オフセット印刷、抜き加工)していたが、小ロットの仕事ではコストがかかり過ぎていた。
CFL-605RTとレーザープリンタの導入により製作コストが約10分の1&大幅な納期短縮を実現。さらにUJF-6042MkIIも導入しアクリルキーホルダー製作なども内製化することで事業が拡大中。
導入した製品
課題
改善
ロールタイプの小型カッティングプロッタを使用していたがメディアのセットが難しく準備に時間を取られていた。またカット精度も高めたかった。
CFL-605RTはロールタイプに比べて精度が高くセットも簡単で、ダウンタイムが非常に短くなった。カット速度も速く、時間とメディアの無駄が大幅に削減。「さっと作って見せられる」ため、提案営業でアップセルする際に効果を発揮している。
導入した製品
課題
改善
店頭POP等の異形カット時、大きめのカッティングプロッタでカットするか手作業でカットしていたため繊細なカットが難しかった。従来機では裏側の切れ込みが目立ったり、粘着剤付きのメディアでは糊わき(粘着剤のはみだし)と汚れが出るという細かな欠点があった。
CFL-605RTの導入で精密で美しいカットが可能になり、技術力と提案力が向上。サンプル作成からの採用件数が増加している。手切りによる失敗が無くなり製作コストの無駄も削減。
導入した製品
課題
改善
自社の生産性を上げるために、ホワイト印刷が今後の重要課題だった。以前は他社のエコソルベントでホワイト印刷を行っていたが、その信頼性に問題を抱えていた。
UCJV300のホワイト印刷を始めてからは問題が解消された。 ホワイトが鮮やかで、その隠蔽度はエコソルベントよりもはるかに優れている。
導入した製品
課題
改善
フルカラープリントの3Dプリンタはこれまでもあったが、石膏で造形するタイプでは、造形した後に研磨や再着色が必要という、職人芸のような工程を経なければ製品にならなかった。
「3DUJ-553」で1000万色を超える色を表現できる上、表現のきめが細かく、再着色などをしなくともリアルで繊細な表現が可能になった。サポート剤が水溶性のため水につけておくだけで除去でき、ぎりぎりまで細かい部分を造形できるため、従来以上に幅広い表現に対応できるようになった。
導入した製品
課題
改善
もともと石膏方式のフルカラー3Dプリンタを持っていたものの、顧客の満足いく色に仕上げることが非常に困難で色付きの案件は受注していなかったが、得意先から「フィギュアに色を付けた状態で納品してほしい」という要望があった。
「3DUJ-553」は色の再現性が強力で、顧客からの評価も高い。色付け部隊を用意する必要がなく、3Dプリントした製品をそのまま引き渡すことができることから、無駄な投資をせずに一歩ビジネスが前進した。
導入した製品
課題
改善
大判ポスターやサイン、販促用のPOPなどの従来顧客とはまったく別のお客様に出会えるきっかけが欲しい。
記念品やアメニティ、オリジナルグッズなどの製作会社から、受注やサンプル依頼が来るようになり、新規顧客を獲得できた。
導入した製品
課題
改善
従来はカラープリントできる石膏タイプの4色プリンタで主にフィギュアを作成していたが、さらに高精細なフルカラーの3Dプリントに挑戦してみたくなった。
立体造形アートのお客様からも大変好評で、ミマキの「3DUJ-553」によって、3Dプリントが進化したという姿をお見せすることができた。また「3DUJ-553」の導入が会社全体へ好影響をもたらした。
導入した製品
課題
改善
短期看板にはラミネートをかけず工程を短縮し、有色素材へは高濃度印刷を行いたい。横断幕などのミシン加工がある仕事での文字の擦れも気になる。
UCJV300の導入で短期看板のラミ工程削減を実現。高濃度印刷により有色素材へ文字部分のみの印刷が可能になり大幅なインクコスト削減にも繋がった。横断幕のミシン加工の際の擦れ傷がほとんどなくなり品質も向上。
導入した製品

1 2 3 4 |

Return to Content

ページの先頭へ戻る