Mimaki 3D Print prep Pro

1. 3Dデータのエラーを自動修正

3Dデータの作成方法によって、3Dプリントに適さない場合があります。本製品は、そのような際に3Dデータのエラーを自動修正し、形状を最適化するソフトウェアです。

3D造形のワークフロー



2. 簡単操作


ブラウザ上で操作するシンプルなワークフロー。データをアップロード後、修正方法を選択するだけでデータ修正が完了します。修正が完了したら自動でお知らせメールが届きます。



3. 造形物の種類により最適な4つの修正方法を選択可能


キャラクターモデルに適した「Character」、機械的なモデルに適した「Mechanical」、自動車のようなモデルに適した「Vehicle」の「3つの簡易修正タイプ」から選択することで、タイプに合わせた3Dモデルの自動修正条件をすばやく設定することができます。そのほかに、さまざまな修正機能を任意でコントロールできる「Pro」があります。用途に合わせて自動修正の条件を指定できます。


造形物の種類により最適な4つの修正方法を選択可能:Mimaki 3D Print prep Pro

4. 8つの主要な機能


THICKNESS(厚み修正)

3Dデータの薄い部分に厚みを増やす機能です。厚みを増やす事で造形物の強度を高めます。また、3DUJシリーズにおいて厚みが薄い事により色が透過する際にも有効な機能です。


THICKNESS(厚み修正):Mimaki 3D Print prep Pro

CLEARANCE(隙間埋め修正)


Esta função preenche as lacunas internas dos objetos, possibilitando maior resistência na peça impressa.


CLEARANCE(隙間埋め修正):Mimaki 3D Print prep Pro

HOLLOWING(中空形状修正)


3Dデータの形状を空洞にする機能です。造形物を軽量化する際に有効です。


HOLLOWING(中空形状修正):Mimaki 3D Print prep Pro

CUT TRANSPARENT PARTS(クリアパーツのカット修正)


3Dプリント用に作成されていない3Dゲームや映像などの3Dデータには、3Dプリントに不要なクリアパーツを含んでいる場合があります。このクリアパーツを削除する機能です。
※3Dデータの作成過程でガイドラインとして使用するパーツ


CUT TRANSPARENT PARTS(クリアパーツのカット修正):Mimaki 3D Print prep Pro

TEXTURE OPTIMIZATION(テクスチャデータの最適化)


テクスチャデータを自動で最適配置します。複数のテクスチャデータも1つのデータに集約できるため、3Dプリント時の処理速度が向上します。


TEXTURE OPTIMIZATION(テクスチャデータの最適化):Mimaki 3D Print prep Pro

MIX TEXTURE AND MATERIAL COLORS(マテリアルカラー有効化設定)


3Dデータ内にあるマテリアルカラーとテクスチャを3Dプリント用データへ反映させる機能です。テクスチャにマテリアルカラーのデザインを指定した際に有効です。
※素材自体が持っている色のこと


MIX TEXTURE AND MATERIAL COLORS(マテリアルカラー有効化設定):Mimaki 3D Print prep Pro

CLOSE HOLES(穴埋め修正)

3Dデータの穴を埋める機能です。3Dデータの周囲のテクスチャ情報を参考に自動で色を付け、穴を埋めて修正します。


CLOSE HOLES(穴埋め修正):Mimaki 3D Print prep Pro

USE VRM PIPELINE(VRMデータ修正)


アバター用に作られた「VRMデータ」の修正に特化した機能です。作成過程でガイドラインとして使用しているクリアパーツの削除や、表面の平滑化など複数の修正を行います。
※VRアプリケーション用のアバター専用ファイルフォーマット


USE VRM PIPELINE(VRMデータ修正):Mimaki 3D Print prep Pro

5. わかりやすい確認画面


3Dデータのエラー数やモデル情報、形状や色味を修正前後で確認することができます。スライスビュー機能で3Dデータを断面表示して内部の修正結果を確認することもできます。


わかりやすい確認画面:Mimaki 3D Print prep Pro

Return to Content

ページの先頭へ戻る