水性昇華インク

ポリエステル素材へのプリントを飛躍的に美しくする高濃度インク

インクを高温で瞬時に昇華させ、メディアに定着させることにより、ポリエステル素材へのプリントを可能にしました。マシンテクノロジーとのコンビネーションで、低コストで環境負荷の小さなダイレクト昇華プリントを実現。ポリエステルに特化し、発色・画質が鮮明で美しい昇華転写プリントにも対応。微妙な色調のブラックカラーを豊富にラインナップ。
昇華転写インク「Sb54/310/410/411/610/MLSb510」、昇華染料インク「Sb320/420」は、スイスに本部を置くエコテックス国際共同体が定める『ECO PASSPORT(エコパスポート)』認証を取得しております。



ポリエステル素材に無限のデザイン性をプラス


ポリエステル素材に無限のデザイン性をプラス

発色性、速乾性にすぐれた水性昇華インクの開発と、Mimakiのインクジェットテクノロジーにより、ポリエステル系のさまざまな布への美しいプリントが実現しました。屋内外に掲示するのぼり、バナーフラッグ、スポーツユニフォーム、水着などのデザイン表現に無限の可能性をプラス。サイン・グラフィックの分野から、アパレル、ファブリックの分野まで、用途は多彩です。


水性昇華インクの定着方式


ダイレクト昇華プリント(転写紙を用いず、前処理済みのメディアに直接プリント)


ダイレクト昇華プリント

昇華転写プリント(昇華染料インクでプリントした転写紙を、メディアに密着させて熱処理させ、転写プリント)


昇華転写プリント

コストパフォーマンスと環境性能にすぐれたダイレクトプリントを実現


発色のよさと、色再現性にすぐれたインク特性が発揮されるMimaki独自のダイレクトプリントシステムが、ポリエステル系の布メディアへのプリントに新時代をもたらしました。インク自体のコストパフォーマンスの高さに加え、転写紙を介さないため転写紙のコストが削減され、さらに廃棄の必要がないことから環境への負荷も小さく、効率のよいプリントを実現します。


ダイレクト昇華プリントとは?


転写紙を使用せず、昇華転写インクで直接プリントが可能な前処理済みのポリエステル布に印刷し、熱を 加えて発色させる方式です。前処理を行うコーティング機などの設備投資が必要ですが、転写紙を使用す る昇華転写プリントより、ランニングコストを抑えることができます。:acms_

ファッションデザイナーにもご満足いただけるハイクオリティな表現


ファッションデザイナーにもご満足いただけるハイクォリティな表現

繊細で複雑な色・柄、グラデーションや白抜き、色重ねなどの表現も思いのまま。厳しい目を持つファッションデザイナーにもご納得いただける高い色再現性を備えた新仕様のインクもご用意しており、用途に応じてお選びいただくことが可能です。

ユーザー視点で課題をクリア

ポリエステル系メディアの特性であるインクの裏抜け、コシの弱い生地への対応、インクの乾燥時間の短縮、プリント時に発生するインクミストといった、布地へのプリントにともなう数々の課題にテクノロジーで対応。現場のニーズに応えています。

大量プリントオーダーに対応

大型マシンに対応する2リットルボトルタイプのインクもご用意。より低コストに、よりスピーディーに。大量プリントオーダーにも対応します。

ポリエステル以外の布にプリントするためのノウハウも

メディアの前処理工程についても独自の試行錯誤を繰り返し、ポリエステル以外の布にプリントするノウハウを蓄積しています。個々のお客様のニーズに対応するインクセグメントとプリンティングノウハウをご提案します。


オリジナルのユニフォームなどに新たな可能性


水性昇華インクでプリントした転写紙に熱を加えてインクを昇華させ、転写紙に密着させたポリエステル生地を染色する昇華転写プリント専用のインクも豊富にラインナップ。鮮やかな発色と色再現性で、ユニフォーム、水着、舞台衣装などに完成度の高いデザイン性をプラスします。


昇華転写プリントとは?


昇華転写インクでプリントされた転写紙に熱を加えるとインクが昇華し、密着させたポリエステル生地を 染色

鮮明な発色を実現する「蛍光色」


Sb54、Sb410、Sb610インクには、スポーツアパレル等で求められる鮮明な発色を実現する「蛍光ピンク」「蛍光イエロー」をご用意しております。


ユニフォーム(蛍光ピンク、蛍光イエロー使用)

ユニフォーム(蛍光ピンク、蛍光イエロー使用)


高機能昇華転写用インク Sb410蛍光インク及びライトブラックインク販売開始のお知らせ
「ARTISTA TEXTILE COLOR COLLECTION」第1弾「for Fluorescence」リリースのお知らせ
昇華インク Sb54 蛍光色新登場のお知らせ


『ECO PASSPORT(エコパスポート)』認証


昇華転写インク「Sb54/310/410/411/610/MLSb510」、昇華染料インク「Sb320/420」は『ECO PASSPORT(エコパスポート)』認証を取得しております。

「エコパスポート」認証取得製品

  • 昇華転写インク「Sb610 (Lm)」(Certificate No. NEP 1604)
  • 昇華転写インク「Sb54/310/410/610 (蛍光)/MLSb510」(Certificate No. NEP 1605)
  • 昇華染料インク「Sb320/420」(Certificate No. NEP 1606)
  • 昇華転写インク「Sb54 (Ver.3)/310 (Ver.3)/411/610 (Lm、蛍光除く)/MLSb510 (Ver.2)」(Certificate No. NEP 1801)

エコパスポート認証ラベル No. NEP 1604

エコパスポート認証ラベル No. NEP 1604


エコパスポート認証ラベル No. NEP 1605

エコパスポート認証ラベル No. NEP 1605


エコパスポート認証ラベル No. NEP 1606

エコパスポート認証ラベル No. NEP 1606


エコパスポート認証ラベル No. NEP 1801

エコパスポート認証ラベル No. NEP 1801


『エコパスポート』認証は、繊維製品の生産時に使用する染料/顔料・助剤・仕上げ加工剤を対象とした、化学物質に対する安心・安全の認証として、スイスに本部を置くエコテックス国際共同体により設定されました。繊維製品を対象とした認証である「エコテックス規格 100」(※)に続き、さらに川上の「原料(使用される化学薬品)」の安全性を証明するための取り組みです。日本では、2016年6月よりエコテックス認証機関のニッセンケンを通じて申請受け付けが開始され、有害物質が含まれやすい繊維等の原料自体における安全証明は、繊維製品の全体的な安全性の底上げにつながると期待されています。
※エコテックス規格100:繊維製品およびその関連製品に特定芳香族アミンなどの身体に有害な物質が含まれていないことを証明する、全世界共通の「繊維製品の安心・安全の証」



当社は業界に先駆けて環境負荷を軽減するインクジェットプリンタ、インクの開発に取り組んできました。
今後も高品質を追求するプリント技術とともに、環境と調和したものづくりの実現に向け、環境負荷を低減し、お客様の安心・安全に配慮した商品・サービスの提供に努めます。



水性昇華インク関連情報



Return to Content

ページの先頭へ戻る