Tx500P-3200DS

発色機を搭載し、プリントから発色加工までワンストップ

ダイレクト昇華プリントは、プリントしたポリエステル生地に、熱を加えることで発色させます。「Tx500P-3200DS」は、発色機をプリンタ本体に搭載し、プリントから後加工までをワンストップで行えます。発色機のヒーターが最適な温度になったことを確認してプリントをスタートさせるなど、プリンタと発色機が連携することで、最適な仕上がりへと導きます。さらに、これまでそれぞれに時間を必要としていたプリントと発色工程を、ほぼ同時に進行することが可能となり、完成までの時間を大幅に短縮できます。サンプル作成などの小ロットから大量生産、短納期にも対応し、プリントビジネスのチャンスを広げます。


完成までの時間を大幅に短縮!

3.2m幅のスーパーワイドプリンタ


「Tx500P-3200DS」は最大3.2m 幅のポリエステル生地へのプリントに対応。急速に普及している大型ソフトサイン用途や、広幅の生地が必要なインテリア・テキスタイル生産に最適なスーパーワイドダイレクト昇華インクジェットプリンタです。


Tx500P-3200DS

Tx500P-3200DS 製作例

最大130m2/h の高速プリントで高生産を実現


図1:プリントヘッド配列イメージ

図1:プリントヘッド配列イメージ

プリントヘッド12基を4基ずつ3スタガ配列(図1)にすることでプリントの高速化をはかりました。生産性を重視した高速モード(最大130m2/h)から、品質を重視した高画質モードまで仕事に合わせたプリント速度の設定が可能です。ソフトサイン市場で求められる短納期オーダーにも柔軟に対応できます。
※130m2/h:4色高速モード 540×360dpi Bi Hi 3Pass


4色インクセット(Bl,M,Y,K)


4色インクセット(Bl,M,Y,K)

6色インクセット(Bl,M,Y,K,Lbl,Lm)


6色インクセット(Bl,M,Y,K,Lbl,Lm)

3.2m幅への高速・高画質プリントを支える安定搬送機構


安定した布搬送で高精度プリントをサポート


繰り出しAMF

安定した送り出しを行う「繰り出しAMF※1」、巻き取り装置には送りムラを低減する「VTTS※2」を備え、3.2m幅、130kgの重量メディアを安定して送り出し・巻き取ります。さらに、シワやタワミが発生しやすいポリエステル生地も安定して搬送できる「引っ張りローラー」も搭載。プリント時の布のテンションを最適な状態に保つことで、美しい仕上がりを実現します。
※1 Auto Media Feeder:テンションバーで最適なテンションをかけメディアの安定搬送を実現します。
※2 Vertical Tension Take-up System:垂直方向に一定のテンションをかけることで、重量メディアでも安定したメディア搬送を実現します。


美しいプリントを実現する波形コントロール技術


インクは色によって比重と粘度が異なります。吐出時の波形をコントロールすることで、どの色のインクであっても真円に近い形状でまっすぐに吐出することを可能にしました。高精細なプリントに効果的な最小6plから、高速でプリントする際に力を発揮する最大24plサイズのドロップまで正確に着弾させ、状況に応じた最適なプリントを可能にします。


安定した高画質プリントを可能にする『MAPS4』


通常、パスの境界は直線になるため少しのズレにより、横シマが出るバンディングや、色ムラの原因になります。
「MAPS4」(Mimaki Advanced Pass System 4)ではパスの端を拡散させ、境界線をグラデーションのようにすることでバンディングや色ムラの発生を軽減し美しいプリントを実現します。


「仕事を止めない」連続運転ソリューション


インクやメディア切れ、ノズル抜け等、生産性を維持するために懸念される項目は多くあります。
「Tx500P-3200DS」は、ユーザー目線で考えられたサポート技術を搭載し、連続運転を後押しいたします。

自動でノズル抜けを検出、クリーニングする
『NCU(Nozzle Check Unit)』

ノズルの状態をセンサーが自動で検知します。ノズル抜けを発見した場合は自動でクリーニングを実行しノズル抜けの解消を行います。ノズルの状態を確認するタイミングは作図データごと、時間単位で設定が可能。連続出力時のノズル抜け発生以降の出力物を全て無駄にすることを未然に防ぎます。

プリントを止めない
『NRS(Nozzle Recovery System)』

クリーニングしても改善されないノズルトラブルはサービスマンによる修理が必要になり、それが終わるまではプリンタを停止する必要がありました。『NRS』は『NCU』が発見し、クリーニングでも改善できなかったノズル抜けを別のノズルで代替してプリントします。サービスマンによる修理を待つ必要なく生産を再開できます(※)。
※プリントモードによってNRSを使用できない場合があります。


※画像をクリックすると拡大表示します。


長時間運転を可能にするインク供給ユニット


インク供給ユニット

3Lの大容量インク供給システムを搭載。インクタンクが内蔵され、プリント中でも必要に応じてインクを補充できるため、長時間の連続運転が可能になります。また、プリントキャリッジ内に脱気モジュールを搭載。インク工場での脱気工程を省いた未脱気インクを2Lボトルでご提供することでコストダウンを実現しております。


ソフトウエア


購入時に『TxLink3 Standard』、『RasterLink6』のうち、どのソフトウエアを標準添付するか選択できます。




Tx500P-3200DS カタログ (3.65MB)pdf file

モデル

Tx500P-3200DS 最大作図幅:3,290 mm
■RasterLink6同梱モデル
標準価格(税別)30,000,000円 [税込価格 33,000,000円]
■TxLink3 Standard同梱モデル
標準価格(税別)30,500,000円 [税込価格 33,550,000円]

関連製品

Return to Content

ページの先頭へ戻る