UV硬化インク

UV光(紫外線)照射で即座に硬化・定着。
省エネ、環境対応にも自信

UV光(紫外線)を照射させることにより、硬化・定着するインクです。出力時にはもう乾燥しているため、制作納期の大幅な短縮を実現。樹脂、ガラス、金属など非吸収性の多様なメディアに印刷できます。用途・メディアに応じた多彩なラインナップ。小物のデコラティブから大型装飾、建築・工業デザインの分野まで、アイディアを形する可能性を提供するインクです。
UV硬化インク「LH-100」、「LUS-120」、「LUS-150」、「LUS-200」は、米国の第三者安全科学機関 UL社が定める『GREENGUARD Gold』認証を取得しています。


低VOC(揮発性有機化合物)&オゾンレスの環境対応インク


葉っぱ

UV照射により色材がメディアに直接定着、硬化するため、VOCがほとんど発生しません。
またオゾン発生の原因となる短波長の紫外線を照射することなく硬化します。環境にやさしく、オペレーターの健康負荷の軽減についても配慮したエコロジーインクです。


UV硬化インクの定着方式


UV硬化インクの定着方式

世界に先駆けLED光源によるUV照射を実現したMimakiテクノロジー


LED光源によるUV照射

メタルハライドランプの課題であったアイドリング時間の長さ、消費電力の大きさ、光源サイズの大きさ、短寿命、発熱温度の高さなどをすべて解決する新光源として、世界に先駆けてLEDを採用。高度なプリントクオリティーを維持しながら印刷速度の向上を実現するとともに、幅広いメディア対応力で、多岐にわたるものづくりのニーズにお応えします。


省エネ&長寿命


LED照射時の消費電力・発熱がメタルハライドランプに比べて大幅低減。省エネルギーに加え、ランプの寿命が飛躍的に伸び廃棄物の削減にも貢献します。


発熱が少ないのでメディアの幅が拡大


UV照射時の発熱が少ないので、アクリル板、塩ビフィルム、PETなど、熱の影響で表面や形状が変化しやすいメディアにも高発色の美しいプリントが実現します。


発熱が少ないのでメディアの幅が拡大

高速対応


最大60m2/hという高速プリントを実現するハイスピードマシンにも対応する即時硬化性。しかも高発色で繊細な表現も美しく再現。マシンとインクを同時に開発できるMimakiだからこそのテクノロジーを凝縮させました。


独自のヘッドコントロール技術で繊細なグラデーションも再現


サンプル

発色や色再現性にすぐれたインク自体の性能に加え、Mimakiのインクジェットテクノロジーでなめらかで美しいグラデーションを出力します。


硬軟自在!用途に応じたインクバリエーション


インクバリエーション

ギフト&ノベルティや、銘板に適したタイプ、タッチパネルのインサートフィルムやスイッチへの印字などに適したタイプ、車両ラッピングや各種パッケージなど曲面加工や伸縮を前提としたメディアに適したタイプ等、幅広い用途やシーンに対応するインクバリエーションをご用意しています。


ホワイトインク、クリアインク併用でより多彩な表現


フルカラー画像の下地にホワイトインクを同時プリントすることで、透明なメディア上で、より鮮やかな色彩表現が可能です。


フルカラーのみ

■フルカラーのみ

すべての色に光が透過するため、カラー映えがしない。


白×フルカラー

■白×フルカラー

白インクで光の透過を防ぎ、写真本来の美しさを表現。


また、プライマーの併用で立体感を強調する仕上げも可能に。表現の幅が無限に広がります。


特許番号 / 日本:第5817059号 米国:US9,132,685 B2


必要なところだけ部分塗布→素材の質感を残せる

『GREENGUARD Gold』認証


GREENGUARD Gold 認証ラベル

GREENGUARD Gold 認証ラベル

UV硬化インク「LH-100」、「LUS-120」、「LUS-150」、「LUS-200」は『GREENGUARD Gold』認証を取得しています。

「GREENGUARD Gold」認証取得製品


近年、室内環境に配慮した製品を望む消費者の声が高まるにつれ、『環境の価値』に対する関心もさらに高まっています。
GREENGUARDは、米国の第三者安全科学機関であるUL社が実施する、室内空間における化学物質排出に関する環境認証制度です。公平な経験科学データに裏付けされた情報を基に、化学物質の室内空間への排出量が少なく、より環境に配慮された製品が認証を受けられます。
認証には通常とGoldの2種類があり、Goldには通常よりも厳しい基準値が設定されています。



当社は業界に先駆けて環境負荷を軽減するインクジェットプリンタ、インクの開発に取り組んできました。
今後も高品質を追求するプリント技術とともに、環境と調和したものづくりの実現に向け、環境負荷を低減し、お客様の安心・安全に配慮した商品・サービスの提供に努めます。


Return to Content

ページの先頭へ戻る