MimakiProfileMasterII

カラーピッカーシステム

ターゲット色を自動でカラーマッチングしたい!

指定色・特色のカラーチップをダイレクトに読み取り、最適なCMYK値へ自動変換(PANTONEカラーライブラリー搭載)。プリンタ特性・メディア特性からCMYK値の自動算出とΔEの確認作業が行なえます。

MimakiProfileMasterⅡi1 Pro set 測色器でチャートを測定する。

MimakiProfileMasterⅡi1 Pro set:測定器でチャートを測定する。

MimakiProfileMasterⅡi1 Pro set 測色器でチャートを測定する。

色ΔEの値が5.0以上になると、警告マークが表示されます。


  • プレビュー画面で出力 結果の確認が行えます。
  • ΔEの値が2.0以下であれば 近似色で出力されます。

測定器を使用したカラーマッチング

キャリブレーション機能


「常にプリンタの出力を同じ色にしたい。」キャリブレーション機能が、プリントアウトの色の変化※を見逃しません。ヘッドを交換した時でも、簡単に色の変化を修正し、出力機を常に最適な状態に保ちます。
※色の違いは、ΔE値で表示します。

MimakiProfileMasterⅡi1 Pro set 測色器でチャートを測定する。

測定器でチャートを測定する。

MimakiProfileMasterⅡi1 Pro set 測色器でチャートを測定する。

色差はΔE値で数値として表示し、その色差を元に自動調整を行います。


イコライゼーション機能


「複数のプリンタで同時に同じ色を出したい。」イコライゼーション機能で、複数の同一プリンタの色差を近づけます。お客様からの急ぎ仕事や突然の多量の注文などにも、複数のプリンタに分散して出力し迅速に対応できます。


複数台のプリンタから同時に同じ色を出す時の色ズレを吸収できます。

複数台のプリンタから同時に同じ色を出す時の色ズレを吸収できます。


デバイスプロファイル作成機能


メディア、インクに合わせたデバイスプロファイルを作成。

一度デバイスプロファイル※を作成すれば、以降は一貫したカラー管理が可能。これまでの目視確認で調整してきた、労力を要する作業が激減し、精度も安定します。
カラー調整による無駄な出力も減るのでコスト削減にも貢献。オリジナルのデバイスプロファイル作りによって、競合他社との差別化も図れます。
※デバイスプロファイルとは、RasterLinkPro専用のプロファイルのことです。

わずか2時間程度でデバイスプロファイルを作成。

プロファイルの作成は簡単。ウィザード形式なので、画面の案内に従って作成していくだけ。特別な知識は必要ありません。作成時間も約2時間と、従来の約1/4(当社比)。作業効率も大幅に向上しました。
※測色器はi1 Pro使用。
※作成時間にはメディアの乾燥時間等は含まれません。

そのうえ、高品質なデバイスプロファイルが完成。

Mimaki製プリンタ、Mimaki製RIP用に開発されているため、プリンタの特性を最大限に引き出した高品質なデバイスプロファイルが作成できます。さらにMimaki Profile MasterIIは、X-Rite Inc.よりライセンス提供された技術・ソフトウェアを搭載しています。
・16ビットレンダリングプロファイル作成可能。
・入力プロファイル(ターゲットプロファイル)作成機能搭載。


ウィザードに従うだけで、簡単にオリジナルプロファイルが作成可能です。

ウィザードに従うだけで、簡単にオリジナルプロファイルが作成可能です。




カラーマネージメントシステムワークフロー

MimakiProfileMasterII カタログ (1.33MB)pdf file

Return to Content

ページの先頭へ戻る