Mimaki Target Color Emulator

1.ターゲットとなるプリンタの色味を近似色で再現

ターゲットとなるプリンタと色味を合わせたいプリンタ双方でチャートを測色し、自動で入力、出力それぞれのエミュレーションプロファイルを作成し、当社RIP ソフトウエアRasterLink6※1 で出力することで、これまで使用していた色味を近似色で再現することが可能です。
当社のプリンタを複数台お持ちの場合には、ターゲットとするプリンタを決め、他のプリンタをその色味に合わせられるので急な大量注文にも同品質での対応が可能になります。
※1:RasterLinkPro5 へは2015 年4 月対応予定

2.専門知識不要の簡単色合せ

これまでのカラーマネージメントシステムでは細かい設定が可能な代わりに、「どのパラメータを調整すれば良いか」と言ったカラーマネジメントの専門知識が必要でした。MTCE ではウィザードに従えばたったの3ステップで色合せが終了。作業時間は約1.5 時間と短時間で行えます。

 ■STEP1:チャートのプリント
 ■STEP2:付属の測色器で測色
 ■STEP3:エミュレーションプロファイルの作成(自動)



3.手頃な価格で導入が可能

機能を色合せに特化させることでこれまで高額だったカラーマネージメントシステムと比較すると格段に低い投資で導入が可能です。測色に必要な測色器もセットになっているので届いたその日から色合せにお使いいただけます。

MTCE取り扱い説明動画

1.エミュレーションプロファイルを作成する前に



2.エミュレーションプロファイルを作成する (1)ターゲットの印刷



2.エミュレーションプロファイルを作成する (2)入力エミュレーションプロファイルの作成



2.エミュレーションプロファイルを作成する (3)出力エミュレーションプロファイルの作成



2.エミュレーションプロファイルを作成する (4)エミュレーションプロファイルの保存



3.RasterLink6にエミュレーションプロファイルをインストールする



4.RasterLink6でエミュレーションプロファイルを使用して印刷する




Mimaki Target Color Emulator カタログ (1.37MB)pdf file

Return to Content

ページの先頭へ戻る